背景色
文字サイズ: + + - -
地域政策学部 Faculty of Regional Policy

教員紹介

吉原 美那子 准教授
吉原 美那子准教授 よしはら みなこ
地域政策学部 地域づくり学科
研究分野 : 教育行政学、教育政策論、比較教育学
学位 : 教育学修士(東北大学)
担当授業(学部) : 教職原論、教職実践演習、教育学/教育と社会、教育政策論、教育実習Ⅰ・Ⅱ、演習Ⅰ・Ⅱ

略歴

1996年3月 東北大学教育学部卒業
1997年4月 東北大学大学院教育学研究科教育行政・学校管理・教育内容特殊専攻博士課程前期入学
1999年3月 東北大学大学院教育学研究科教育行政・学校管理・教育内容特殊専攻博士課程前期修了
1999年4月 東北大学大学院教育学研究科教育総合科学専攻博士課程後期進学
2005年3月 東北大学大学院教育学研究科教育総合科学専攻博士課程後期研究指導修了退学
2005年8月 東北大学高等教育開発推進センター助手
2006年4月 高崎経済大学経済学部講師
2009年4月 高崎経済大学経済学部准教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]地方教育行政・学校参加

[主な内容]学校を軸に行政、家庭、地域住民、企業との関係から公教育の問題構造について考える。また、自治体や学校への訪問調査を行ったり、諸国の教育政策の動向を学んだ上で、地域の教育政策のあり方を検討する。

ゼミナール紹介

担当授業(大学院)

教育行財政特論

大学院の講義内容

本講では、教育における公共性、並びに、教育目標を達成するための政治力学、グローバル化が進む中での現代の教育の諸相を次の論点から考察する。(1)グローバリゼーションがもたらす教育の諸問題、(2)教育政策における国家の歴史的役割、(3)教育の市場化と民営化をめぐる論議と今日の動向、(4)地方分権時代における国家と地方の教育政策の在り方(初等中等教育及び高等教育)、(5)教育委員会存続是非や効率性を踏まえた地方教育行政組織改革。

現在の研究課題

(1)英国の地方分権改革における教育自治

(2)EUの地域教育政策の策定に関する研究

(3)教育関連領域の行政再編とそれに伴う専門職養成

主要な研究業績

  • 「貧困問題?子どもの貧困対策に向けたイギリス政府の試み」『社会的排除と格差問題』勁草書房、平成22年
  • 「英国の関係機関の協業化教育に伴う専門職の変容」平成19~20年度科学研究費補助金(基盤研究(B))『ネットワーク型ガバナンスによる教育支援システム再編に関する日英比較研究』研究成果報告書、平成21年
  • 「ネットワーク型支援体制による地域人材育成の現状と課題-日英の事例調査を比較して-」日本教育制度学会編『教育制度学研究』第15号、平成20年

所属学会

日本教育行政学会、日本教育制度学会、日本比較教育学会

社会における活動・受賞歴等

  • 高崎市第5次総合計画審議会委員
  • 群馬県教育委員会 ぐんま県民カレッジ「オープンキャンパス」講師
  • 群馬県安中市教育委員会 教育行政評価委員
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。