背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

山本 芳弘 教授
山本 芳弘教授 やまもと よしひろ
経済学部 経済学科
研究分野 : 環境経済学
学位 : 博士(エネルギー科学)(京都大学)
担当授業(学部) : 市場と経済,環境経済学Ⅰ,環境経済学Ⅱ,基礎演習,演習Ⅰ,演習Ⅱ

略歴

2005年3月 京都大学大学院エネルギー科学研究科博士後期課程修了
2005年8月 名古屋大学エコトピア科学研究所
2009年4月 高崎経済大学経済学部

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]環境経済学
[主な内容]環境やエネルギー等に関する問題について、経済学を応用して研究する。個人単位またはグループ単位で、テーマを決めて、問題の解明や解決策の提案を行う。

ゼミナール紹介

担当授業(大学院)

環境経済研究演習Ⅰ,環境経済研究演習Ⅱ,環境経済研究,環境経済特論

大学院の講義内容

「環境経済研究」では、環境経済学の基礎理論を大学院レベルで学ぶ。論理的に理解することで実際の環境問題への応用能力を習得する。「環境経済特論」では、受講生の関心に応じた具体的な環境問題をとりあげ、その問題の背景や解決策を経済学的に考える。現実社会に適用可能で効果的な経済制度を考案する能力を習得する。

現在の研究課題

再生可能エネルギー利用社会を構築するための制度設計が研究課題である。太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーを社会で有効活用するには、発電した電力の買い取りや設備導入補助金などが大きな役割を果たす。さらに、今後発展が予想される電力システムのもとでは、再生可能エネルギーからの電力供給や消費者の需要応答などをマネジメントすることが重要になると考えられる。これらについて、経済制度の設計という観点から研究している。

主要な研究業績

  • Yamamoto, Y., "A pricing method for the electricity from renewables to be used after feed-in tariffs", Prepared for the World Renewable Energy Congress, London, 2018.
  • Yamamoto, Y., Feed-in Tariffs and the Economics of Renewable Energy, Springer, 2018.
  • Yamamoto, Y., "Feed-in tariffs combined with capital subsidies for promoting the adoption of residential photovoltaic systems", Energy policy, 111, 2017.
  • Yamamoto, Y., "Optimal organizational forms for local renewable energy projects", Prepared for the World Renewable Energy Congress, Perth, 2017.
  • Yamamoto, Y., "The role of community energy in renewable energy use and development", Renewable Energy and Environmental Sustainability, 1(18), 2016.

所属学会

International Association for Energy Economics、World Renewable Energy Network、エネルギー・資源学会

社会における活動・受賞歴等

  • 群馬県環境審議会委員(2018年9月~)
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。