背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

内山 知一 准教授
内山 知一准教授 うちやま ともかず
経済学部 経済学科
研究分野 : 教科教育学
学位 : 博士(教育学)、筑波大学
担当授業(学部) : 教職実践演習、教育方法学、教育実習Ⅰ、教育実習Ⅱ

略歴

2012年7月 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程修了
2013年4月 奈良教育大学准教授
2018年4月 高崎経済大学准教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]教科教育学
[主な内容]主な内容としては、教科教育学、特に、社会分野に重点を置いて行います。具体的には、文献の輪読、過去の著名な実践の検討等から始め、それらの中で、自らが関心を持てるテーマを見つけ、深めることで卒業論文につなげます。

現在の研究課題

教育にも様々な要素がありますが、私が、一貫して関心を持っているのは、教育の方法についてです。特に、これまで、教科教育学、中でも、社会分野に重点を置いて、研究を行ってきました。情報通信技術の発達等で社会は急速に変化しており、教育で育成すべき資質・能力等も変わりつつあります。また、その一方で、時代が変わっても変わらずに教えていくべきことも存在します。こうした両面から教育を捉え、将来も見据えて身につけるべき力を見定め、有効な実践を考えることに関心があります。

主要な研究業績

  • 『21世紀の教育に求められる「社会的な見方・考え方」』(共著)、帝国書院、2018年3月
  • 『地域と教育-地域における教育の魅力-』(共著)、学文社、2012年11月
  • 「島外の教育資源を活用した社会科の授業構想」、『地域と教育-東京都利島村・大島町-』(単著)、第10号、2011年11月

所属学会

日本社会科教育学会

成果の説明書
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。