背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

内山 知一 准教授
内山 知一准教授 うちやま ともかず
経済学部 経済学科
研究分野 : 社会科教育(教科教育)
学位 : 博士(教育学)、筑波大学
担当授業(学部) : 教育方法学、社会科教育法、教育実習Ⅰ、教育実習Ⅱ

略歴

2012年7月 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程修了
2013年4月 奈良教育大学准教授
2018年4月 高崎経済大学准教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]社会科教育(教科教育)
[主な内容]上記領域を扱う予定ですが、講義形態は、①当該領域の特徴・概観の把握、②班別でのテーマの掘り下げ、③個別検討、となります。また、その過程で、受講生が、自らのテーマを見つけ、深めることにつなげていければと思っています。

現在の研究課題

現在、私が興味を持っているのは、さまざまな観点を含んでいますが、主に教科の方法にかかわる領域となります。特に、方法の効果や前提となる条件などに絞って、さまざまな側面で検討をはかってきたところです。核家族の増加や出生率の低下など、子どもを取りまく環境は急激に変わっており、獲得すべき資質や能力なども変わりつつあります。他方、時代が変わっても変わらずに身につけなければならないものも存在します。このような両面で当該領域の諸テーマを捉え、将来も見据えて涵養すべき力を見定め、有効な方法は何か、検討を重ねることに取り組んできています。

主要な研究業績

  • 『21世紀の教育に求められる「社会的な見方・考え方」』(共著)、帝国書院、2018年3月
  • 『地域と教育-地域における教育の魅力-』(共著)、学文社、2012年11月
  • 「島外の教育資源を活用した社会科の授業構想」、『地域と教育-東京都利島村・大島町-』(単著)、第10号、2011年11月

所属学会

日本社会科教育学会

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。