背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

水口 剛 教授
水口 剛教授 みずぐち たけし
経済学部 経営学科
研究分野 : 責任投資(ESG投資)、非財務情報開示
学位 : 博士(経営学)(明治大学)
担当授業(学部) : 企業と会計B、会計監査論、環境会計、基礎演習、演習Ⅰ、演習Ⅱ

略歴

1984年3月 筑波大学第三学群社会工学類卒業
1984年4月 ニチメン㈱入社
1989年10月 英和監査法人入所
1990年9月 TAC㈱入社
1997年4月 高崎経済大学経済学部講師
2000年4月 高崎経済大学経済学部准教授
2008年4月 高崎経済大学経済学部教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]責任投資(ESG投資)・非財務情報開示
[主な内容]企業が環境問題や社会課題にどう取り組んでいるかを、ESG投資と非財務情報開示の視点で研究する。ゼミ生自身がテーマを持って研究することを通して、自ら考える姿勢を身に付ける。

ゼミナール紹介

担当授業(大学院)

環境会計研究演習Ⅰ・Ⅱ、監査論研究、環境会計特論、環境会計特別演習、環境会計研究指導

大学院の講義内容

環境会計は完成した学問ではなく、生成途上にある実践として捉えるべきものである。したがって「環境会計」という枠をはめて、その内部で研究をするという方法は適切ではなく、むしろその枠を取り払い、環境会計を必要とする社会や市場のあり方を起点に議論を構築していく必要がある。そこで社会や環境にも配慮する「責任ある投資」の考え方や、EUを中心にしたアニュアルレポート改革の動向などへも視野を広げて研究していきたい。

現在の研究課題

市場メカニズムを通して持続可能な社会を実現するために、環境・社会・コーポレートガバナンス(ESG)の要素を投資意思決定に統合する責任投資を日本で定着させるとともに、責任投資を支える会計と情報開示の新しい形を研究し、提言することが、現在の課題である。

主要な研究業績

  • 『ソーシャル・インベストメントとは何か』共著,日本経済評論社,1998年
  • 『企業評価のための環境会計』単著,中央経済社,2002年
  • 『社会を変える会計と投資』単著,岩波書店,2005年
  • 『環境会計・経営』共著,有斐閣,2007年
  • 『環境と金融・投資の潮流』編著,中央経済社,2011年
  • 『責任ある投資 - 資金の流れで未来を変える』単著,岩波書店,2013年
  • 『ESG投資 - 資本主義の新しいかたち』単著,日本経済新聞出版社,2017年

所属学会

日本会計研究学会、環境経済・政策学会、社会関連会計学会

社会における活動・受賞歴

  • 環境経済・政策学会理事(2017年~2018年)
  • 環境省・ESG金融懇談会委員(2018年)
  • 環境省・グリーンボンド検討会座長(2016~2017年)
  • 『責任ある投資-資金の流れで未来を変える』(岩波書店)にて環境経済・政策学会論壇賞受賞(2014年)

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。