背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

小林 徹 准教授
小林 徹准教授 こばやし とおる
経済学部 経済学科
研究分野 : 労働経済学、応用ミクロ計量経済学
学位 : 博士(商学) (慶應義塾大学)
担当授業(学部) : 労働経済学Ⅰ・Ⅱ、応用計量経済学

略歴

2002年3月 上智大学法学部卒業
2002年4月~2008年10月 アデコ株式会社
2008年11月~2011年4月 株式会社JMR生活総合研究所
2009年3月 獨協大学大学院経済学研究科修士課程修了
2014年10月 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了
2015年4月~2016年3月 独立行政法人労働政策研究・研修機構
2016年4月 高崎経済大学経済学部経済学科講師

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]労働経済学、人事経済学に関する実証研究
[主な内容]労働経済学の理論およびデータを用いた実証分析の方法を学習する。学習した知識を活用し、各自の問題意識・研究テーマに関するデータを用いた研究を行う。最終的に実施した研究を卒業論文としてまとめる。

ゼミナール紹介

現在の研究課題

人と組織の相性、マッチング生産性を規定する要因に関する研究

労働市場に存在する差別に関する研究

組織の生産性とメンバーやリーダーの人間性や考え方との関係に関する研究

主要な研究業績

  • 「日本の労働市場における信仰による統計的差別」『日本経済研究』(単著)、No75、2017年
  • 「新規学卒者の就職先特徴の変化と早期離職の職場要因」『日本労働研究雑誌』(単著)、No.668、2016年
  • 「違法労働の発生要因と従業員の主観的ブラック企業認識」『日本労働研究雑誌』(単著)、No.654、2015年
  • 「民営職業紹介、公共職業紹介のマッチングと転職結果」『経済分析』(共著)、188号、2014年
  • 「ジョブマッチングの成立と「人柄」「社風」情報の重要性」『日本労働研究雑誌』(単著)、No.638、2013年

所属学会

日本経済学会、日本労務学会

社会における活動・受賞歴等

  • 厚生労働省 「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」 委員
  • 2016年度 東京大学社会科学研究所SSJデータアーカイブ優秀論文表彰
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。