背景色
文字サイズ: + + - -
News News

陸上競技部が10年連続で箱根駅伝の予選会に出場します

本学陸上競技部が、10月17日(土)、東京都立川市で開催される第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会に10年連続で出場します。
新型コロナウイルス感染症による活動自粛などの困難を乗り越え、見事出場権を獲得しました。

駅伝主将の藤井さん(経済学部3年)は「昨年はチームとして予選会での記録が残らなかったので、とても悔しい思いをした。10年目の節目でもある今年は、今までの中でも一番の強さを感じられるチームになっている。コロナ禍で自主練習が多くなってしまって不安もあるが、チームとしても個人としても記録を更新できるよう、精一杯頑張りたい。」と意気込みを語ってくれました。

また陸上部顧問の髙橋栄作監督(地域政策学部教授)は「10年連続出場の今年は、チーム力としては過去最高である。コロナ禍の中で思うような練習ができなかったが、石澤由祐(地域政策学部4年)、小川孝代(経済学部3年)の5000mの持ちタイムは14分台、小川は先日行われた国公立大学対校陸上競技大会で10000m優勝と二人には特に期待したい。チームを引っ張る3年生、直向きに走り込み力を付けてきた2・4年生の当日のパフォーマンスも大いに期待できる。新入生も練習量が非常に豊富で当日の走りが楽しみである。最高のコンディションでスタートラインに立ち、悔いの無い走りをして欲しい。」と期待を寄せております。

今年の予選会は、1大学で出走できる12人のうち、上位10人の合計タイムで競い、上位10大学が箱根駅伝本戦への切符を手にすることができます。
なお、無観客での開催となるため、例年実施している応援バスツアーは実施いたしません。テレビの前でのご声援、よろしくお願いいたします。

陸上部 長距離男子

陸上部 長距離男子

意気込みを語ってくれた藤井さん

意気込みを語ってくれた藤井さん

練習の様子~意気込み(YouTubeへアクセスします)

このページに関するお問い合わせ先
教育グループ 学生支援チーム(事務棟1階)
・電話:027-344-6262 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line