背景色
文字サイズ: + + - -
国際交流・留学 International Exchange

海外渡航時の安全確保について

1

海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在のための安全対策に努めてください。また、外務省の「海外安全ホームページ」に記載のある「渡航情報」(危険情報、スポット情報、広域情報)を参照し、日々、世界及び地域の情勢についての情報を収集し、海外において事件・事故等に巻き込まれることのないよう十分な注意を払ってください。本学では「危険レベル2」以上の国・地域への渡航は認めていません。

2

SARSや鳥インフルエンザ、また大流行が懸念されている新型インフルエンザなど様々な感染症について、出発前に情報を入手しておくことも大切です。厚生労働省検疫所および外務省では、ホームページにより海外の安全に関する情報を提供しています。また、空港内検疫所においても、リーフレット等配置し、情報提供していますので、十分な知識を持って渡航し、現地での衛生管理、食生活等に注意を払ってください。

3

海外に渡航する際には、事件・事故等が発生した際に、安否の確認が迅速にできるよう具体的な渡航日程、滞在中の連絡先等を親族や友人、所属部局に連絡してください。また、海外渡航期間が3か月未満の場合は「たびレジ」、3か月以上の場合は、「在留届」の登録が必要です。(「在留届」は外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は届出が法律で義務付けられています)。どちらもインターネットを通じて簡単に提出することができます。

4

万が一滞在する都市(国)で災害等が起こった場合、自分の状況を親族や友人、所属部局に連絡するようにしてください。

参考ページ
このページに関するお問い合わせ先
国際交流センター(教育グループ 国際交流支援チーム)(事務棟1階)
・電話:027-344-7895 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line