背景色
文字サイズ: + + - -
大学院 Graduate Programs

ディプロマ・ポリシー

経済・経営研究科 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

現代社会経済システム専攻

次に掲げる要件及び学修成果・研究成果を修めた者に「修士(経済学)」の学位を授与する。

1 「高崎経済大学大学院学則」「高崎経済大学大学院経済・経営研究科履修規程」「学位論文審査基準」に基づく所定の要件を満たし、持続可能な社会の構築に向けた現代社会経済のあり方を考察し、実践しうる者

2 修士(経済学)に求める学修成果・研究成果
(1)経済学における専攻領域及び関連領域に関する高度な専門的知識と分析能力が備わっている。
(2)経済や社会を考察するうえで活用可能な経済・経営分野における幅広い知識を備え、自身の専攻領域に応用することができる。
(3)研究成果としての学位論文を作成する能力が備わっている。
  ①当該分野の先行研究に対する理解が十分にできる。
  ②研究課題の設定、研究方法が適切に選択できる。
  ③実証性、論理的整合性を有する論述ができる。

現代経営ビジネス専攻

次に掲げる要件及び学修成果・研究成果を修めた者に「修士(経営学)」の学位を授与する。

1 「高崎経済大学大学院学則」「高崎経済大学大学院経済・経営研究科履修規程」「学位論文審査基準」に基づく所定の要件を満たし、持続可能な社会の構築に向けた現代経営ビジネスのあり方を考察し、実践しうる者

2 修士(経営学)に求める学修成果・研究成果
(1)経営学・会計学における専攻領域及び関連領域に関する高度な専門的知識・分析能力が備わっている。
(2)経営の諸課題を考察するうえで活用可能な経済・経営分野における幅広い知識を備え、自身の専攻領域に応用することができる。
(3)研究成果としての学位論文を作成する能力が備わっている。
  ①当該分野の先行研究に対する理解が十分にできる。
  ②研究課題の設定、研究方法が適切に選択できる。
  ③実証性、論理的整合性を有する論述ができる。

博士後期課程

現代経済経営研究専攻

次に掲げる要件及び学修成果・研究成果を修めた者に「博士(経済学)」又は「博士(経営学)」の学位を授与する。

1 「高崎経済大学大学院学則」「高崎経済大学大学院経済・経営研究科履修規程」「高崎経済大学大学院経済・経営研究科課程博士学位授与取扱規程」「高崎経済大学大学院経済・経営研究科論文博士学位授与取扱規程」「学位論文審査基準」に基づく所定の要件を満たし、高度に専門的な研究を究め、持続可能な社会の構築に貢献しうる者

2 博士(経済学又は経営学)に求める学修成果・研究成果
(1)経済学又は経営学に関する修士レベルの知識・能力を基礎とし、自らの研究領域に関して、さらに高度な専門的知識と分析能力が備わっている。
(2)持続可能な社会の構築に向けて自立した研究活動を遂行する能力及び高い倫理観が備わっている。
(3)研究成果を効果的に発信する能力が備わっている。

このページに関するお問い合わせ先
教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
・電話:027-344-6264 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line