背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

藻利 衣恵 准教授
藻利 衣恵准教授 もうり きぬえ
経済学部 経営学科
研究分野 : 財務会計、国際会計、会計史
学位 : 修士(商学)早稲田大学
担当授業(学部) : 財務会計Ⅰ・Ⅱ、上級簿記、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ

略歴

2007年3月 学習院大学 経済学部 経営学科 卒業
2007年4月 早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻 修士課程 入学
2009年3月 早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻 修士課程 修了
2009年9月 早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻 博士後期課程 入学
2011年4月 早稲田大学 商学学術院(商学部主担当) 助手(〜2014年3月)
2014年3月 早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
2014年4月 高崎経済大学 経済学部 経営学科 講師
2017年4月 高崎経済大学 経済学部 経営学科 准教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]財務会計(会計学)
[主な内容]2年後期は、3年以降に基礎となる専門知識と伝え方(話す・書く)を習得します。3年前期は、専門知識と伝え方を深化させるとともに調べ方(情報収集の方法)を学び、3年後期は、2年後期から3年前期で培った知識・技術をもとに、他大学の学生と議論を行います。さらに、4年では、2年次から3年次の集大成として、卒業論文を執筆します。

ゼミナール紹介

現在の研究課題

以下の点について、ストック・オプション会計を題材に、研究を行っている。
①米国における近年の会計基準設定では、伝統的に現金の裏付けが必要であった費用配分の手続きにおける配分総額に公正価値を適用し、配分手続きを拡張している。そこで、資産の公正価値に基づいた費用配分手続きに拡張した場合の他の基礎概念等への影響を検討する。
②また、(日本の先行研究のほか、多くで用いられているように)費用の相手勘定(すなわち、SO保有者が株主となりうるか)をまず検討しこの帰結が株式報酬費用の配分問題とどう関わっているのかではなく、米国のように、費用の相手勘定に関係なく株式報酬費用の配分問題を検討したうえで費用の相手勘定を考察する検討順序を用いることにより、財務会計上の論点の繋がりや波及効果にどのような変化が生じるかを分析する。

主要な研究業績

  • 「株式報酬費用の未費消分に関する会計処理・再考」『会計プログレス』第18号 単著 2017年
  • 「米国におけるストック・オプション制度の歴史的変遷」『産業経理』第77巻第4号 単著 2018年
  • 「株式報酬費用認識の要否」『ディスクロージャー&IR』第13号 単著 2020年
  • 「株式報酬費用の相手勘定」『ディスクロージャー&IR』第15号 単著 2020年
  • "Adjustment of allocation plans for stock-based compensation costs" Journal of Japanese Management 5(2) 単著 2021年

所属学会

日本会計研究学会、国際会計研究学会、日本会計史学会、American Accounting Association、European Accounting Association、International Association for Accounting Education & Research

社会における活動・受賞歴等

  • 2014年4月 早稲田大学 会計研究所 招聘研究員
  • 2014年4月 早稲田大学 産業経営研究所 招聘研究員
  • 2015年4月 高崎経済大学 地域科学研究所 研究員
  • 2015年5月 高崎経済大学 生活協同組合 特定監事
  • 2018年4月 全国生活協同組合連合会 東京ブロック運営委員
  • 2020年10月 日本学生経済ゼミナール関東部会 第60回インナー大会 プレゼンテーション部門 審査員
  • 2021年4月 大学生協事業連合東京ブロック教職員委員
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。