背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

木下 まゆみ 教授
木下 まゆみ教授 きのした まゆみ
経済学部 経営学科
研究分野 : 教育心理学、社会心理学
学位 : 博士(人文科学) お茶の水女子大学
担当授業(学部) : 心理学、教育心理学、教育測定及び方法、日本語リテラシーⅠ、教職実践演習(中・高)、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ

略歴

1997年 3月 お茶の水女子大学文教育学部卒業
1999年 3月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士前期課程)修了
2002年 3月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士後期課程)単位取得退学
2002年 4月 日本学術振興会(PD)
2005年 4月 高崎経済大学経済学部専任講師
2008年 4月 高崎経済大学経済学部准教授
2016年 4月 高崎経済大学経済学部教授

学部ゼミナール

ゼミナール紹介

担当授業(大学院)

教育心理学研究、教育心理学特論

大学院の講義内容

「学び」の教育心理学は、神経科学の進展をベースに、古典的な学習理論と認知的アプローチを発展的に統合する方向に変わり始めています。本講義では、これまでの「学び」に関する研究枠組みの変遷を追い、現在の動向の把握を目指します。

現在の研究課題

協同学習に関する教育心理学的研究として、集団討論における「聞き手」の非言語的行動(視線や微笑、相づちなど)の役割について分析を行っています。また、生活に身近な事柄、例えば食べること、についても関心を持っています。心理学の中でも、実験室を飛び出して、暮らしの中に活きる研究をしようという動きが強まっています。私もそういう問題意識を持って、日々研究のアイディアを探しています。

主要な研究業績

  • [『抑うつからの回復-合理的思考の効果に関する実証的研究-』,単著,風間書房,2006
  • 「ディスカッションを中心とした学習の教育效果(1): 発言の方向性に示される動機づけ及び理解の変化」, 『高崎経済大学論集』,単著, 56,15-26,2013
  • 『青年期発達百科事典 第2巻(29章「スポーツへの参加」担当)』,翻訳,丸善出版,271-281,2014
  • 「ディスカッションを中心とした学習の教育效果(2): 聞き手による言語的・非言語的応答の発言統制機能」, 『高崎経済大学論集』,単著, 58,47-54,2015
  • 「良い議論はいかに生じるか――集団討論における発言の方向性とターンテイキングの視覚化」, 『高崎経済大学論集』,単著, 60,181-190,2018

所属学会

日本心理学会、日本教育心理学会、日本社会心理学会、日本パーソナリティ心理学会、社会言語科学会、日本協同教育学会

社会における活動・受賞歴等

  • 2007年 9月~2011年9月  日本パーソナリティ心理学会常任編集委員
  • 2012年10月~現在 日本パーソナリティ心理学会理事
  • 2016年 2月~現在 日本パーソナリティ心理学会常任編集委員
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。