背景色
文字サイズ: + + - -
大学院 Graduate Programs

開講科目

現代社会経済システム専攻

本研究科の各専攻ごとの授業科目は次のとおりです。

大学院生は、研究テーマになる研究科目をひとつ選択し、その講義(2単位)と演習(8単位)を受けます。また、担当教員の指導の下、自分が所属する専攻における研究科目又は特論科目から合わせて8単位以上、他の専攻における研究科目又は特論科目から合わせて4単位以上(合計30単位以上)を履修することになります。さらに、修士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格することが、修了の要件となります。修了者に与えられる学位は、修士(経済学)となります。

授業科目単位数
演習科目
比較経済体制研究演習Ⅰ4単位
比較経済体制研究演習Ⅱ
西洋経済史研究演習Ⅰ
西洋経済史研究演習Ⅱ
現代ファイナンス研究演習Ⅰ
現代ファイナンス研究演習Ⅱ
日本経済史研究演習Ⅰ
日本経済史研究演習Ⅱ
世界経済研究演習Ⅰ
世界経済研究演習Ⅱ
経済学方法論研究演習Ⅰ
経済学方法論研究演習Ⅱ
教育心理学研究演習Ⅰ
教育心理学研究演習Ⅱ
国際経済研究演習Ⅰ
国際経済研究演習Ⅱ
経済数学研究演習Ⅰ
経済数学研究演習Ⅱ
マクロ経済研究演習Ⅰ
マクロ経済研究演習Ⅱ
環境経済研究演習Ⅰ
環境経済研究演習Ⅱ
研究科目
比較経済体制研究2単位
西洋経済史研究
現代ファイナンス研究
日本経済史研究
世界経済研究
比較社会政策論研究
経済学方法論研究
国際経済法研究
教育心理学研究
貿易政策研究
国際経済研究
公共経済学研究
経済数学研究
マクロ経済研究
近代経済学史研究
環境経済研究
特論科目
比較経済体制特論2単位
西洋経済史特論
金融論特論
日本経済史特論
世界経済特論
比較社会政策論特論
経済学方法論特論
国際経済法特論
教育心理学特論
計量経済学特論
貿易政策特論
国際経済特論
公共経済学特論
経済数学特論
マクロ経済特論
近代経済学史特論
環境経済特論
共通科目
文章技法研究2単位
履修方法及び修了要件

1 博士前期課程の修了には、各自の研究分野に従い、指導教員の下に、所定の30単位以上を修得し、かつ修士論文の審査と最終試験に合格しなければならない。

2 演習8単位と演習担当教員の講義科目(研究科目又は特論科目)2単位は必修。この他に、自分が所属する専攻における研究科目又は特論科目から合わせて8単位以上、他の専攻における研究科目又は特論科目から合わせて4単位以上を修得することとする。

このページに関するお問い合わせ先
教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
・電話:027-344-6264 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line