背景色
文字サイズ: + + - -
大学院 Graduate Programs

アドミッション・ポリシー

経済・経営研究科 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 大学院経済・経営研究科のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、入学者選抜の基本方針を以下に示す。本研究科の教育理念と目標を十分に理解したうえで、求められる意欲と能力に満ちた学生及び社会人が広く国内外から入学することを期待する。

博士前期課程

現代社会経済システム専攻

〇求める人材像
1 現代社会経済に関心を持ち、より高度な専門知識・能力の獲得を通じて、将来の研究者を目指す、又は社会人としての能力向上を目指す意欲を有する人
2 経済学における学士相当の専門知識を有し、これを基盤とした高度な学修及び研究を遂行する能力を有する人
3 経済学における学術的な⽂献や議論を理解するために必要な⽇本語運用能力及び語学力(英語)を有する人

〇入学者選抜の基本方針
 筆記試験(英語は英語資格・検定試験のスコアに代えることができる。)により、経済学の専⾨知識並びに学術的な文献を理解するために必要な日本語運用能力及び英語の語学力を評価するとともに、研究計画書、面接等により、求める人材像に掲げる知識や能⼒、態度を総合的に評価し、選抜する。

現代経営ビジネス専攻

〇求める人材像
1 現代経営ビジネスに関心を持ち、より高度な専門知識・能力の獲得を通じて、将来の研究者を目指す、又は社会人としての能力向上を目指す意欲を有する人
2 経営学や会計学における学士相当の専門知識を有し、これを基盤とした高度な学修及び研究を遂行する能力を有する人
3 経営学や会計学における学術的な⽂献や議論を理解するために必要な⽇本語運用能力及び英語の語学力の語学⼒を有する人

〇入学者選抜の基本方針
 筆記試験(英語は英語資格・検定試験のスコアに代えることができる。)により、経営学や会計学の専⾨知識並びに学術的な文献を理解するために必要な日本語運用能力及び英語の語学力を評価するとともに、研究計画書、面接等により、求める人材像に掲げる知識や能⼒、態度を総合的に評価し、選抜する。

博士後期課程

現代経済経営研究専攻

〇求める人材像
1 自らの探求する課題の本質を明確にし、その解決を図るために努力を通じて現代社会経済の発展に貢献する高度専門職業人を目指す意欲を有する人
2 現代社会経済への高度な理解・専門知識・分析能力を有し、専門的な研究活動を遂行する能力を有する人
3 海外の学術的な⽂献や研究発表を理解できるとともに、自らの研究成果を発信するために必要な⽇本語運用能力及び英語の語学⼒を有する人

〇入学者選抜の基本方針
 筆記試験(英語は英語資格・検定試験のスコアに代えることができる。)により、学術的な文献を理解するために必要な英語の語学力を評価するとともに、研究計画書、修士論文、口述試験、面接等により、求める人材像に掲げる知識や能⼒、態度を総合的に評価し、選抜する。

このページに関するお問い合わせ先
入試広報グループ 入試チーム(事務棟1階)
・電話:027-344-6265 ・FAX:027-344-7892 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line