背景色
文字サイズ: + + - -
地域政策学部 Faculty of Regional Policy

教員紹介

山本 匡毅 教授
山本 匡毅教授 やまもと まさき
地域政策学部 地域政策学科
研究分野 : 経済地理学、機械産業論、中小企業論
学位 : 博士(経済学)(中央大学)
担当授業(学部) : 中小企業論、産業政策論、産業立地論、初年次ゼミ、グループ研究Ⅱ、基礎演習

略歴

1999年3月 神奈川大学法学部自治行政学科卒業
2002年3月 中央大学大学院経済学研究科経済学専攻博士前期課程修了
2005年3月 中央大学大学院経済学研究科経済学専攻博士後期課程修了 博士(経済学)取得
2005年4月 那須大学都市経済学部(現宇都宮共和大学シティライフ学部)非常勤講師(2012年3月まで)
2006年9月 財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構地域政策研究所主任研究員(2008年3月まで)
2008年4月 財団法人福岡アジア都市研究所研究主査(2009年9月まで)
2009年10月 財団法人機械振興協会経済研究所研究員(2013年3月まで)
2013年4月 山形大学人文学部法経政策学科准教授(2017年3月まで)
2017年4月 相模女子大学人間社会学部社会マネジメント学科准教授(2021年3月まで)
2021年4月 高崎経済大学地域政策学部地域政策学科教授(現職)

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]地域の産業振興と中小企業(中核工場の閉鎖と下請企業の再編、産業の発展と取引関係の変化、都市型産業集積の衰退と再生など)

[主な内容]当ゼミナールでは、地域産業論と中小企業論を軸として、地域の産業振興と中小企業を考えます。専門論文を読むだけでなく、統計、決算資料、新聞等の分析、フィールドワーク、論文執筆を通じて、専門に根差した問題発見力、課題解決力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力を身に付けていきます。

ゼミナール紹介

現在の研究課題

・国土周辺地域における航空機部品産業の立地と再編に関する研究

・日本における医療機器産業の構造変化と中小企業の立地展開に関する研究

主要な研究業績

  • 山本匡毅 「広域連携による航空機産業振興の展開と課題ー東北航空宇宙産業研究会を事例としてー」『日本都市学会年報』単著, VOL.54, 2021年
  • 山本匡毅 「周辺地域における航空機部品受注と次世代航空機への対応ー秋田県を事例としてー」『産業学会研究年報』単著, 36号, 2021年
  • 山本匡毅 「非大都市圏における航空機産業の立地と再編―山形県を事例として―」『産業学会研究年報』単著, 33号, 2019年
  • 山本匡毅 「航空宇宙産業の地域戦略」, 山﨑朗編著『地域産業のイノベーションシステム』, 学芸出版社, 2019年
  • 山本匡毅 「大学の地域連携と地方創生政策―山形県を事例として―」『人間社会研究』単著, 16号, 2019年
  • 山本匡毅 「民間航空機の生産立地と航空機産業集積の空間的拡大―中部地域を事例として―」『産業学会研究年報』単著, 32号, 2018年

所属学会

経済地理学会(編集委員会幹事)、日本地理学会、産業学会、関東都市学会(理事、研究活動委員会委員)、日本都市学会(論文審査委員会委員)、地域デザイン学会(地域政策フォーラム事務局長)、国際戦略経営研究学会、群馬地理学会(理事)、人文地理学会

社会における活動・受賞歴等

  • 神奈川県令和2年度地域の支え合い仕組みづくり事業選考委員(2020年4月~2021年3月)
  • 相模原市次世代に引き継ぐ淵野辺駅南口周辺のまちづくり有識者協議会委員・副会長(2019年3月~2021年3月)
  • 一般財団法人機械振興協会経済研究所特任研究員(2018年9月~)
  • 山形県政策課題研究会委員(2017年10月~2019年3月)
  • 公益財団法人川崎市産業振興財団新産業政策研究所客員研究員(2010年7月~2022年3月)
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。