背景色
文字サイズ: + + - -
地域政策学部 Faculty of Regional Policy

教員紹介

宇田 和子 准教授
宇田 和子准教授 うだ かずこ
地域政策学部 地域づくり学科
研究分野 : 環境社会学、保健医療社会学
学位 : 博士(政策科学)法政大学
担当授業(学部) : 環境社会学、社会学、フィールドワーク入門、基礎演習、演習I・II

略歴

2006年3月 法政大学社会学部社会政策科学科 卒業
2008年3月 法政大学大学院政策科学研究科政策科学専攻修士課程 修了
2013年9月 法政大学大学院政策科学研究科政策科学専攻博士課程 修了
2009年9月 法政大学サステイナビリティ研究教育機構 リサーチ・アシスタントおよびアドミニストレータ(~2014年3月)
2013年4月 専修大学 非常勤講師(~2013年9月)
2013年10月 関東学院大学・立教大学 非常勤講師(~2014年3月)
2014年4月 福岡工業大学社会環境学部 助教(~2017年3月)
2017年4月 高崎経済大学地域政策学部 准教授

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]環境問題・社会問題の解明

[主な内容]公害・薬害・食品公害・環境リスクに関する諸事例について調査を行い、問題の社会的構造を明らかにする。

ゼミナール紹介

現在の研究課題

公害・薬害・食品公害などの人為的に生じる病について、身体的被害から派生する社会的被害をどのように軽減できるかを研究している。また、かつて公害病がそうであったように、社会から正統な病であると認められない「論争中の病」にかかることの困難さについても、化学物質過敏症を事例に研究している。いずれの研究も、医学によって根治できない、あるいは診断できない病について、社会(科)学的な説明の語彙を増やすことを目指している。

主要な研究業績

  • 「環境制御システム論と被害補償論の接合:PCB汚染制御過程におけるシステムの逆連動」『環境問題の社会学』(共著), 東信堂, 2020.
  • 「カネミ油症の未認定問題」『環境と公害』, 49巻4号, 2020.
  • 「解題:本書再刊の意義」『三西化学農薬被害事件裁判資料集別冊』(分担執筆), すいれん舎, 2015.
  • 『食品公害と被害者救済:カネミ油症事件の被害と政策過程』(単著), 東信堂, 2015.
  • 「カネミ油症事件における『補償制度』の特異性と欠陥:法的承認の欠如をめぐって」『社会学評論』 249号, 2012.

所属学会

環境社会学会、日本社会学会、日本保健医療社会学会、日本環境会議、International Sociological Association(RC24)

社会における活動・受賞歴等

  • 環境社会学会 編集委員(2021-現在)
  • 群馬県環境審議会 委員(2020-現在)
  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター 専門調査員(2018~現在)
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。