背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

田中 久夫 教授
田中 久夫教授 たなか ひさお
経済学部 経営学科
研究分野 : 会計学
学位 : 博士(経営学)(作新学院大学)
担当授業(学部) : 会計学Ⅰ・Ⅱ、租税法※日本税理士会連合会寄付講座、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ

略歴

1979年3月 中央大学商学部会計学科卒業
1979年4月 明治大学大学院経営学研究科経営学専攻入学
1981年3月 明治大学大学院経営学研究科経営学専攻修了
1981年4月 横浜市立大学大学院経営学研究科経営学専攻入学
1983年3月 横浜市立大学大学院経営学研究科経営学専攻修了
1983年4月~2001年3月 産業能率短期大学非常勤講師
1988年4月~1995年3月 高崎商科短期大学専任講師・助教授
1995年4月~2006年3月 作新学院大学経営学部助教授・教授
2000年4月~2001年3月 作新学院大学経営学部経営学科長
2000年4月~2002年3月 作新学院大学教務部長
2003年4月~2005年3月 作新学院大学経営学部長
2006年4月~現在 高崎経済大学経済学部教授
2008年4月~2011年3月 高崎経済大学大学院経済・経営研究科長
2011年4月~2016年3月 高崎経済大学理事・副学長

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]財務会計・制度会計

[主な内容]財務会計の基本原理とそのトピックスを学ぶ。これまでの伝統的な会計理論を重視しつつ、現行制度会計下における財務諸表の作成原理を学ぶ。加えて、わが国会計基準と国際会計基準等の異同を知り、その整合性の可能性を探る。

ゼミナール紹介

担当授業(大学院)

財務会計研究演習Ⅰ・Ⅱ、財務会計研究科目、財務会計特論科目、財務会計特別演習、財務会計研究指導

大学院の講義内容

学部時代に培った会計学一般原理の知識を基礎に、わが国の「制度会計論」並びにその国際化及び国際会計基準等との収斂化を中心に研究する。なかでもここ数年は、新・会社法会計の体系、構造、内容及び他の制度会計領域(金商法会計、税法会計)との比較・整合性等を研究したい。院生には、(1)財務諸表作成の目的及びその利害関係者の関心適合性との調整、(2)財務諸表に内包される企業の資本の意義及び同増殖高計算と同有高計算との有機的な計算体系の解明、(3)財務諸表の公開制を規制する周辺諸領域との接点の解決、(4)会計基準の国際化と収斂化の問題について日々意識・考究する必要を求める。

現在の研究課題

制度会計論:会計基準の国際化の動向およびその影響下における国内諸制度の構造変化の研究

主要な研究業績

  • 『商法と税法の研究』 単著 森山書店 2005
  • 『税務会計論序説』 単著 税務経理協会 1997
  • 『三訂版 商法と税法の接点』 単著 財経詳報社 1996
  • 『ベーシック簿記テキスト』 編著 税務経理協会 2007
  • 『アカウンティング ホライズン』 編著 税務経理協会 2005

所属学会

日本会計研究学会・税務会計研究学会・租税法学会

社会における活動・受賞歴等

  • 1982年12月 第32回税理士試験合格
  • 1984年11月 第16回社会保険労務士試験合格
  • 1990年 7月 第13回日本税理士会連合会学術研究奨励賞受賞
Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。