背景色
文字サイズ: + + - -
経済学部 Faculty of Economics

教員紹介

大石 恵 准教授
大石 恵准教授 おおいし めぐみ
経済学部 経済学科
研究分野 : 台湾経済史、台湾の航空政策
学位 : 博士(経済学、京都大学)
担当授業(学部) : 中国経済論Ⅰ・Ⅱ、アジア経済史、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ

略歴

1996年3月 長崎大学経済学部ファイナンス学科卒業
1996年4月 大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程経済学専攻入学
1998年3月 大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程経済学専攻修了
1998年4月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程経済動態分析専攻入学
2001年3月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程経済動態分析専攻学修認定
2005年11月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程経済動態分析専攻修了
2006年4月 高崎経済大学経済学部専任講師
2009年4月 高崎経済大学経済学部准教授
2012年4月 中央研究院台湾史研究所訪問学人(~2013年3月、台湾)

学部ゼミナールの研究テーマと主な内容

[主なテーマ]中国・アジア経済論
[主な内容]アジア各国・地域の発展過程を学んだ上で、各自の関心に基づき研究テーマを設定し、卒業論文の完成をめざす。

ゼミナール紹介

研究分野

台湾経済史、台湾の航空政策

現在の研究課題

冷戦期の台湾における民間航空の発展過程を明らかにすることが、現在の研究課題である。国内法の整備、諸外国との航空協定締結交渉、空港・通信施設の整備に関する外国援助などに注目し、中華民国政府の政策決定過程を通して、戦後台湾の国際関係を明らかにしていく。

主要な研究業績

  • 「財務資料から見える民航空運隊の姿-台湾での運航初期の史料を手がかりに-」(『高崎経済大学論集』第58巻第3号,2015年12月)
  • 冷戰時期臺灣民用航空政策之考察―以中華民國政府對航空企業扶植的動向為中心―」(林玉萍主編『臺灣的天空-2013年「航空與社會」學術研討會論文集』華騰文化,2014年,所収)
  • 「台湾における外資航空会社の存続問題―外国人投資条例(1954年)の施行をめぐって―」(『産業研究』第46巻第2号,2011年3月)
  • 「台湾政府文書からみた冷戦期台湾の民間航空―米台関係を中心に―」(『高崎経済大学論集』第52巻第4号,2010年3月)

所属学会

日本国際政治学会、日本台湾学会、日本国際経済学会

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。