背景色
文字サイズ: + + - -
News News

高崎経済大学ブックレットを刊行しました

 高崎経済大学地域科学研究所では、高崎市民、群馬県民のみなさまに、高崎市の歴史や現状をよりよく知っていただく一助となるよう、高崎経済大学ブックレットを刊行しました。今後、様々な角度から高崎市の過去・現在・未来を考えてまいります。

 ブックレットをご希望のかたは無料で配布しておりますので、高崎経済大学研究支援チーム(図書館1階)または高崎市役所1階市民情報センターにお越しください。数に限りがございますので、お一人様1冊まで、窓口のみの配布とさせていただきます。
 なお、本文のPDFデータも公開しておりますので、ご利用ください。

 

高崎経済大学ブックレット① 高崎市の遊園地:カッパピアからケルナー広場へ

 高崎市の遊園地をテーマとして、地域科学研究所・小牧幸代所員(地域政策学部教授・文化人類学)が執筆いたしました。今日、市民に親しまれている観音山のケルナー広場の起源は1952年に開催された「新日本高崎こども博覧会」です。博覧会後、市営、民営を経て、現在に至っています。群馬県内の都市公園の歴史も交えながら、高崎市の遊園地の変遷をまとめました。

高崎経済大学ブックレット② 空き家問題の背景と対策:未利用不動産の有効活用

 2019年3月に地域科学研究所・岩﨑忠所員(地域政策学部教授・行政学)をチーフとし、学内外10名の研究者、実務家による研究プロジェクトチーム(PT)が空き家問題に学際的にアプローチして『空き家問題の背景と対策:未利用不動産の有効活用』(2019年、日本経済評論社)をまとめました。本書は、そのダイジェスト版です。空き家問題解決のヒントが盛り込まれています。

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。
このページに関するお問い合わせ先
地域科学研究所(研究棟1階)
・電話:027-344-6267 ・FAX:027-343-7103 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line