背景色
文字サイズ: + + - -
国際交流・留学 International Exchange

2019年度派遣 ベトナム ダナン外国語大学 新井 彬泰(経済学部3年)

今回のベトナム留学は、5ヶ月間という短い期間でしたが、大変有意義に過ごすことができました。
まず、この留学は、語学留学として英語を勉強したいと思っている人には向きません。というのも、みなさんご存知の通り、ベトナムの公用語は英語ではないからです。英語を本気で勉強したい人は、英語圏への留学をおすすめします。とはいえ、ダナンには英語圏の人もビーチ周辺にたくさん住んでおり、彼らが集まるお店もたくさんあるので、自分次第で、英語にたくさん触れることはできます。大学での英語の授業では、ネイティブの先生はいなかったので、授業にはあまり期待しない方が良いと思います。大学生活の中で一番良かった点は、ダナン外国語大学の日本語学科の生徒に対して色々手伝ってあげたり、交流をしたりして、人脈を広げられたことでした。
そんな僕のベトナム留学の目的は、海外インターンシップです。その中でも、僕はWEB開発に興味を持っていました。日本でそれを独学で学ぶよりも、本格的に長期間、実践的に学ぶにはどうすればいいかと考えた時に、たまたま良い条件のインターンシップをベトナムで見つけ、採用していただけました。このインターンシップを通じて本当にたくさんの事を学び、素晴らしい経験をさせていただきました。

日本語講師アルバイト

日本語講師アルバイト

インターンシップでの異文化交流会

インターンシップでの異文化交流会

次に、ベトナムでの生活です。ベトナムで生活をする上で素晴らしい点の1つは、生活費の圧倒的安さです。例えば、食費は月1万円以下(1食100円弱)です。とはいえ、ベトナムのローカル店以外だと、一気に値段が日本と大して変わらなくなります。ベトナムのローカルフードは、どれも自分の口にはあって美味しかったです。
ベトナムの人は積極的で話しやすく、みんなオープンなのでストレスフリーでした。(神経質、きれい好きな方には、ベトナム留学はあまりお勧めしません。)また、日本とベトナムの関係は深いため、暮らしやすかったです。日本語を勉強してる人も多くいるので、友達になれるのも良い点だと思います。ベトナム人のコミュニケーションツールは、Facebookです。ベトナム人は積極的なので、日本人みたいにためらうことなく、たくさん友達申請がきます。かなりたくさんの友達ができるので、これらの人脈を活用して、ビジネスチャンスにもつなげられるのも良い点だと思います。
ベトナムは近年人口がますます増加し、その人件費の安さからこれから第二の中国になると言われているほど世界的に重要な国になると思います。そういった意味で、ベトナムに留学をする価値はあると思います!

コムガー(鶏飯)

コムガー(鶏飯)

ミークアン(麺料理)

ミークアン(麺料理)

このページに関するお問い合わせ先
国際交流センター(教育グループ 国際交流支援チーム)(事務棟1階)
・電話:027-344-7895 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line