背景色
文字サイズ: + + - -
国際交流・留学 International Exchange

当該年度の募集要項、申請書

海外研修支援事業(助成金制度)を利用して、海外研修(1.短期語学研修(提携校プログラム、指定旅行会社プログラム、個人検索プログラム)、2.長期語学研修(個人検索プログラム)、3.海外フィールドワーク・ボランティア・インターンシップ)の申込をする学生は、国際交流センター主催の海外研修支援事業(事前)説明会に参加した後、以下の必要書類をダウンロードの上、説明会で指示された各提出書類を準備し、所定の提出期限までに国際交流支援チーム窓口(教員企画の海外フィールドワークの場合は、担当教員)へ提出してください。

なお、経済学部国際学科の短期語学研修プログラムに参加する場合は、国際学科生向けガイダンスで配布された書式を使用し、ガイダンス内での指示された場所に提出してください。

また、4.交換留学を希望する場合、派遣交換留学生として本学で選抜されることが必要です。国際交流センター主催の交換留学(事前)説明会に参加した後、以下の必要書類をダウンロードの上、説明会の指示に従ってください。

提出書類ダウンロード

1.短期語学研修、2.長期語学研修、3.海外フィールドワーク等、4.交換留学の順番に掲載しています

1.短期語学研修(提携校プログラム、指定旅行会社プログラム、個人検索プログラム)

申込時に、⓪~③及び、説明会で指示された書類を提出してください。

 【注意点】

・②は通常は「②-b」を使用。

ただし、語学成績優秀者は※「②-a」を使用し、語学スコアのコピーを提出。

※指定旅行会社プログラム、個人検索プログラム⇒助成金の事前払いを希望する場合は、必ず事前にご相談ください。

2.長期語学研修(個人検索プログラム)

申込時に、⓪~③及び、説明会で指示された書類を提出してください。

助成金の事前払いを希望する方は、事前に国際交流支援チーム窓口にご相談ください。

3.海外フィールドワーク・ボランティア・インターンシップ

申込時に、⓪~③(③及び③-2は両方必要)及び、説明会で指示された書類を提出してください。助成金の事前払いを希望する方は必ず事前に国際交流支援チーム窓口へ相談してください。

なお、海外フィールドワーク・ボランティア・インターンシップについて、指導教員が企画を行う教員企画プログラムの場合は B-1 も出力し、指導教員による研修計画書を合わせて提出してください。

4.交換留学

申込時に、①及び交換留学(事前)説明会で指示された書類を提出してください。

なお、派遣交換留学生となるためには、本学で選抜される必要があります。

なお、予め以下の「手続き一覧」及び、⓪申請時提出書類チェック票に記載されている留意事項を確認の上、各提出書類を準備してください。

指定旅行会社提案プログラム資料

帰国後提出書類

海外フィールドワーク・ボランティア・インターンシップに参加する学生は、以下の「①海外研修実習日誌」及び「②学習成果報告書」をダウンロードし、帰国後に提出してください。「①海外研修実習日誌」は記入例を参考に、研修期間中、1日1枚記入してください。

なお、指導教員が企画を行う教員企画プログラムの場合は③も出力し、指導教員による実施報告書を合わせて提出してください。

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。
このページに関するお問い合わせ先
国際交流センター(教育グループ 国際交流支援チーム)(事務棟1階)
・電話:027-344-7895 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line