背景色
文字サイズ: + + - -
国際交流・留学 International Exchange

2018年度派遣 ドイツ ルートヴィヒスハーフェン経済大学 奥山千恵子(地域政策学部2年)

 こんにちは。ドイツのルートヴィヒスハーフェン経済大学に留学している地域政策学部2年の奥山千恵子です。今月から夏セメスターが始まり新しい授業、留学生にドキドキしつつドイツでの留学生活も7ヶ月目に入りました。

 ドイツの食べ物といえば、やはりビール、ソーセージ、プレッツェルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そして、これらが揃う場所といえば9月半ばから10月初めに開催される祭り、オクトーバーフェストです。人生で初めて1リットルジョッキのビールに挑戦しました。ドイツビールは苦味があまりないせいかとても美味しく飲みきることができました。オクトーバーフェストでは、食事を終えるとみんな椅子の上に立ち上がり、ステージの演奏に合わせて歌ったり肩を組んだり、ミュージシャンの掛け声でビールを飲んだりととにかく盛り上がりました。

大学のあるルートヴィヒスハーフェンは特に観光地などはなくライン川が流れているくらいです。交換留学に応募する際にルートヴィヒスハーフェンの場所を調べたのですが、「すごい!この街にはライン川が流れている!!」となぜか興奮していた私。期待に胸を膨らましてライン川を見にいきましたが、いたって普通の川で期待外れだったのを覚えています。でも川沿いは、平日の昼間であっても散歩やランニング、日向ぼっこをする人々でいつも溢れています。私も時々気分転換に散歩しています。

オクトーバーフェストで留学生と

オクトーバーフェストで留学生と

ライン川

ライン川

 大学では英語で開講されている授業を履修しています。ビジネス系の講義が多く、経済を高校以来学んでいない私には理解に苦しむものが多いですが、授業を録音するなどして復習時に活用しています。ドイツは真面目な学生が多いです。そのため、試験前に図書館を訪れると既に満席状態なことが殆どで、席を確保するのは至難の技です。放課後は友人とカフェで話したり、大学が運営しているヨガに通ったり、それぞれの国の料理を持ち寄りでパーティーをしたりしていました。

 週末や長期休暇には、ヨーロッパの国々をいくつも回りました。一口にヨーロッパといっても街の雰囲気は異なり、訪れる場所ひとつひとつが新鮮でした。旅行の際に高い場所から街を見渡すことが多いのですが、どの都市も街全体に統一感がありました。屋根の色や壁の配色も似たような建物で揃えられているところが多かったです。街並みが美しい一方で、ロンドンやパリではかなり古い地下鉄の駅もありました。地震がない国だからこそ多少古いままでも放っておけるのかと思いますが、少し怖かったです。

 ここからは、ドイツやヨーロッパで驚いたことを紹介します。私が特に日本と違うなと感じたのは公共交通機関にまつわるものです。ドイツをはじめヨーロッパには、普通列車、新幹線、路面電車、地下鉄、バスなど多くの交通網が発達していますが、多くの国には改札がありません。その代わりに駅のホームや車内に刻印機があります。時折駅員が確認に来ますが、毎回来るわけではありません。無賃乗車をしている人もいるので改札を設置したほうが利益上がっていいのではと思います。また、犬や自転車も車内に持ち込むことができます。ヨーロッパには躾の良い犬が殆どで、車内でも静かに飼い主の近くにいます。初めて車内で見た時は驚きました。車椅子利用者にも対応している交通機関が多いです。全ての電車やバスではありませんが、乗車口がステップフリーになっているものや車椅子をホームから車内に持ち上げる特殊な機械が使われていることもありました。色々な人が利用しやすい環境になっていて、日本よりも公共交通機関を利用する人の幅が広いと感じました。

 そのほかにも驚いたことはたくさんありました。

・美容院では、最初にカラー、その後にカットする
・銀行はアポイントメントを取って後日来店が普通
・バースデーパーティーは本人が主催する
・ケーキを買うと紙袋に包まれる
・スーパーで買う品物は、自分でカゴから出して、自分で詰める
・レジ打ちは椅子に座ってやる
・レジに人が並んでもよっぽどじゃないと開局しない
・ドイツには湿布がない(温湿布はある)
・野良猫がいない
・ジーパンを履く人がやたら多い
・アルコール度数が一定より低ければ飲酒運転OK
・歩きタバコが多い
・ポイ捨てが尋常じゃないくらい多い

 日本とドイツは似ていると耳にしたことがありますが、全然そんなことはなかったです。新しい環境に慣れないこともありましたが、あまり小さいことは気にせずその環境さえも楽しんで生活することを心がけています。残りの留学期間も1日1日を大切にしていきたいです。 

韓国の友達とチェコを旅行

韓国の友達とチェコを旅行

ミュンヘン市内(教会の展望台から)

ミュンヘン市内(教会の展望台から)

このページに関するお問い合わせ先
国際交流センター(教育グループ 国際交流支援チーム)(事務棟1階)
・電話:027-344-7895 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line