背景色
文字サイズ: + + - -
News News

【学生及び保護者の皆さまへ】新型コロナウィルス感染拡大の防止を目的とした2020年度前期授業の受講定員の設定の導入と履修登録の対応について

2020年4月1日
高崎経済大学長 村山 元展

経済学部長 高松 正毅

地域政策学部長 友岡 邦之 

はじめに

 学生及び保護者の皆様には、新型コロナウィルス感染拡大防止を目的とした授業開始時期の延期、課外活動の自粛要請等の本学の措置にご理解、ご協力を頂き、感謝致します。今般、同様の趣旨から、2020年度前期における履修登録方法について、以下の通り取り扱いたいと考えますので、さらなるご理解、ご協力をお願い申し上げます。
 なお、この対応は新型コロナウイルス感染拡大防止には、特に授業環境の確保が最重要課題と考え、学長を中心に慎重に協議し判断したものです。学生の皆さんにはこの趣旨をご理解いただき、教職員と協力して感染拡大防止に取り組んでいただきますよう改めてお願いします。

1 背景

 2020年3月末時点で、イタリアでは1万1千人以上、アメリカでも3千人近くが亡くなるなど、世界における新型コロナウィルスの被害は極めて深刻なものとなっています。このような状況下、すでに日本でも感染者数、死亡者数ともに明確に増加傾向にあります。日本で、万一、オーバーシュートが起これば、医療崩壊と死亡者の急増という最悪の事態を招きかねません。そうならないためには、一人一人の個人、一つ一つの組織が、それぞれ自らの役割を果たすこと、すなわちそれぞれの現場で感染拡大の防止に全力を尽くすことが求められます。本学においても、少なくとも本学を起点に感染拡大が起きることをできる限り防ぐための施策をとることは、最低限の社会的責任と考えています。

2 授業の受講定員の設定と履修登録に係る基本方針

 従来から語学科目など一部の科目では履修人数に上限を課し、抽選によって履修登録を認める方法をとってまいりました。今般、新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、3つの密(密閉、密集、密接)を避けるために、教室では、原則として座席を指定し、1人置きに着席するようにしたいと考えます(期末試験方式)。そのため、各教室の収容人数が従来以上に制約されることとなり、履修登録の結果、教室の収容人数を超えた登録があった場合には、抽選を行うこととします。
 すべての科目で抽選を行うわけではなく、収容人数を超えた登録があった場合であるという点をご理解下さい。

3 抽選等の手順

実際の履修登録の手続きは、以下のように行われます。
① 履修登録期間に、各学生がポータルサイトからいったん履修登録を行う。
② 履修登録締め切り後、同一曜日・同一時限ごとに、履修登録者数の多い科目の順に、収容人数の大きい教室を割り当てる。
③ 割り当てた教室の収容人数に対して、履修登録者数が多い科目がある場合には、履修者の選別を行う。
④ 選別に当たっては、4年生の履修登録をまず認め、残った収容定員についてランダムに(公平に)抽選を行う。なお、4年生の履修を優先する理由は、「抽選の結果として単位が足らず、卒業できなくなる」というケースを避けるためです。また、本学では、一般に、4年生は卒業要件に近づいていることが多く、履修科目数が少ないので、3年生以下の学生に多大なしわ寄せとなる恐れは少ないと考えます。
⑤ 上記の抽選の結果を受けて、科目別履修者リストを作成するとともに、定員に空きのある授業科目のリストを作成し、公表する。
⑥ 定員に空きのある授業科目のリスト公表後、第2次履修登録期間(4/17~4/20の12時)を設ける。抽選にもれたために履修登録に余裕のある学生は、再度履修登録をすることができる。
⑦ 第2次履修登録期間締め切り後、収容定員の余裕と履修登録者数を比較し、履修登録者数が超過している場合には、再度抽選を行う。
⑧ 以上で、各科目の履修者を確定する。

4 受講定員の設定にともなう救済措置

 以上の通り、抽選にもれた場合に備えて、第2次履修登録期間を設けることで、履修登録する科目数が極端に少なくなることを避けたいと考えています。また、抽選はランダムに行いますので、確率上、学生の間で履修できる科目数に極端なばらつきができる可能性は大きくないと考えます。
 しかし、そのような措置をとったとしても、通常に比べ、前期に履修できる科目が制約されることは事実ですので、後期以降の登録できる単位数(履修登録単位数)を緩和することで、救済を図りたいと考えています。本学では、年間の履修登録可能単位数に上限を課すとともに、前期、後期のそれぞれで履修登録できる単位数にも上限がありますが、2020年度後期及び2021年度には、この上限を緩和することで、年間または在学中を通して、履修科目数に不利益が及ばないよう配慮致します。また、前期に非常に履修登録希望者が多く、非常に多くの方が履修できなかった科目について、後期に再度開講できるかどうか、検討を行います。

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは 無料で配布されています。ダウンロードはアドビ公式サイトより可能です。
このページに関するお問い合わせ先
教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
・電話:027-344-6264 ・メールはこちら
  • facebook
  • twitter
  • line