タイトル:高崎経済大学 NEWS & TOPICS
2011/03/07 印刷する 閉じる
美術部が「城南雨水滞水池」の壁画制作に挑戦。
高崎市下水道局施設課が建設した「城南雨水滞水池」の壁面に、美術部が水質浄化を訴えるというテーマで水辺に棲む生物をモチーフにした鳥獣戯画風の絵を描きました。この作品は縦1.8m、横30mに及ぶ巨大な作品になり、幹事長の佐々木甫さん(経済学部2年)は「下絵や配色など絵を描き始める段階までがとても苦労しましたが、生き物の様子が生き生きと表現できとても良い作品に仕上がりました。皆さんも1度足を運んでみて下さい」と満足そうに話してくれました。

Copyright(c) TCUE All Rights Reserved.