タイトル:高崎経済大学 EVENTS
2010/2/16 印刷する 閉じる
内閣府 地方の元気再生事業 平成21年度 成果報告会
―大学が核となる高崎元気推進プロジェクト―
【趣旨】
 内閣府の平成20年度からはじまった「地方の元気再生事業」では、持続可能な地方再生の取組みを支援するものとして、「地域産業振興」「地元の資源を活かした観光振興」「まちづくり・都市機能向上」「大学と地域の連携」など、さまざまな事業が展開されています。
 この事業に対応するため、高崎経済大学と政策研究大学院大学(東京)および15の団体(高崎市、高崎商工会議所、高崎青年会議所、地元商店街、各種NPO法人など)は、「高崎元気再生推進協議会(会長 吉田俊幸 高崎経済大学学長)」を組織し、平成21年度事業として、高崎市の中心市街地(約175ha)において、「大学が核となる高崎元気推進プロジェクト」を実施しました。主な取組内容には、@まちなか活性化活動実践、A地産地消の仕組みづくり、B地域活性化の専門的人材育成、などがあります。
 本報告会は、当事業の締めくくりとして各団体の取組みの成果を報告し、今後の高崎のまちづくりの方向性を確認・模索する場とすることを目的とします。

【日時】
平成22年2月21日(日) 15:30〜17:30(開場15:00)

【場所】
高崎ホワイトイン2階「白ばら」 (高崎市赤坂町94 TEL027-325-5858)

【内容】(敬称略)
(1) 開会あいさつ (10分)
高崎市副市長 木部 純二
高崎経済大学学長 吉田 俊幸

(2) 平成21年度成果報告 (80分)
No.テーマ報告者
1チャレンジ工房を拠点とした子育て支援事業NPO法人時をつむぐ会「ぴよぴよの会」
横山 由美子
2学生によるなちなか活性化事業@NPO法人DNA
3学生によるまちなか活性化事業A高崎経済大学 准教授  伊藤 亜都子
伊藤研究室学生
4地産地消の社会実験:たかさき昼市高崎経済大学 准教授  久宗 周二
久宗研究室学生
5高崎食品リサイクル事業高崎食品リサイクルループ協議会
片亀 光
6地産地消と食育高崎おかみさん会
7市街地更新手法と知財マネジメント政策研究大学院大学 教授
久米 良昭

(3) 意見交換会(次年度の事業展開にむけて) (25分)
@ コーディネーター:高崎経済大学 副学長 大宮 登
A パネリスト:(2)の個別報告者

(4) 閉会あいさつ (5分)
高崎経済大学 副学長 大宮 登
ポスター:高崎元気再生推進協議会 平成21年度成果報告会
画像をクリックすると拡大します。

Copyright(c) TCUE All Rights Reserved.