• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
大学院
TOP   >   大学院   >   地域政策研究科   >   ディプロマ・ポリシー  
ディプロマ・ポリシー
 

 地域政策研究科 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

〇博士前期課程
次に掲げる要件及び学修・研究成果を修めた者に「修士(地域政策学)」の学位を授与する。
1 「高崎経済大学大学院学則」「高崎経済大学大学院地域政策研究科履修規程」「修士論文の審査基準」「フィールドリサーチペーパーの審査基準」に基づく所定の要件を満たし、地方分権時代における地域政策学の形成過程と地域政策のあり方を考察し、実践しうる者
2 修士(地域政策学)に求める学修・研究成果
(1)地域政策学の基礎となる科学的リテラシーの修得
(2)諸学問に共通する学術的方法論の修得
(3)地域社会における問題発見及び解決能力の修得
 

〇博士後期課程
次に掲げる要件及び学修・研究成果を修めた者に「博士(地域政策学)」又は「博士(学術)」の学位を授与する。
1 「高崎経済大学大学院学則」「高崎経済大学大学院地域政策研究科履修規程」「高崎経済大学大学院地域政策研究科課程博士学位授与取扱規程」「高崎経済大学大学院地域政策研究科論文博士学位授与取扱規程」「博士論文の審査基準」に基づく所定の要件を満たし、高度に専門的な研究を究め、地方分権時代における地域政策学の構築と地域政策の創出に貢献しうる者
2 博士(地域政策学又は学術)に求める学修・研究成果
(1)地域政策学の基礎となる科学的リテラシーの修得と社会への普及促進
(2)諸学問に共通する学術的方法論の修得と応用的展開
(3)地域社会における問題発見及び解決能力の修得と政策創出
 

このページに関するお問い合わせ

教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
  電 話:  027-344-6264
  メール:  kyomu@tcue.ac.jp