• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
大学院
TOP   >   大学院   >   地域政策研究科   >   カリキュラム・ポリシー  
カリキュラム・ポリシー
 

 地域政策研究科 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 地域政策研究科では、より高度な政策立案能力を有した人材の育成を目指すと共に、公立大学としての使命を遂行するために、社会人のリフレッシュ教育を実施し、また、研究機関等との連携により、地域における行政・経済・文化の新たな構築や発展に寄与する人材の育成を目指しています。
 

〇博士前期課程
1 「都市・農村」「産業・経営」「行政・政治」「環境・人間・福祉」「文化・観光」の5つの研究領域を主とするフレームにおいて、履修者の問題意識に基づき、「都市・農村」を基軸とした特論科目の配置から「政策形成コース」「地域づくりコース」のいずれかを主体的に選択し、専門性を深めるカリキュラム編成とする。
2 「政策形成コース」では、「都市・農村」に加え、「産業・経営」「行政・政治」を集中的に履修することで、公共政策に関する理論的・学術的専門知識と政策形成能力の涵養を図る。履修モデル「地方行政型」及び「地方政治型」を例示し、特論科目の体系的履修を促すカリキュラム編成とする。
3 「地域づくりコース」では、「都市・農村」に加え、「環境・人間・福祉」「文化・観光」を集中的に履修することで、地域連携を意識しながら、地域づくりに関する実践的・学術的専門知識と地域貢献能力の涵養を図る。履修モデル「地域連携型」及び「グローカル型」を例示し、特論科目の体系的履修を促すカリキュラム編成とする。
 

〇博士後期課程
「都市・農村」「産業・経営」「行政・政治」「環境・人間・福祉」「文化・観光」の5つの研究領域を主とするフレームを基盤としながら、研究領域に応じた専門性を深めるための研究指導分野に特化した教育・研究を進めるとともに、近接領域教員からの指導を可能とする「特別演習」の複数履修や「研究指導」を通じて、地域政策学または学術を攻究するカリキュラム編成とする。
 

このページに関するお問い合わせ

教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
  電 話:  027-344-6264
  メール:  kyomu@tcue.ac.jp