• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
大学院
TOP   >   大学院   >   経済・経営研究科   >   博士前期課程   >   教育目標  
教育目標
 
博士前期課程の目指すもの

1.持続可能な社会を支える高度専門職業人の育成
目先の利益、部分合理性を超えた真理を見極める大局観を養い、人類の長期的発展に向け、企業・国際機関・官公庁・教育機関・協同組織・NPO等をリードする高度専門職業人を育てます。

2.持続可能な社会の構築に向け経済・経営を総合的に研究する研究者の養成
持続可能な社会の構築に向けた経済・経営のあり方について、経済学、経営学、会計学、その他関連する社会・人文諸科学の様々な成果を摂取しつつ、自らの専門的研究を深める研究者を養成します。

3.社会人教育・生涯教育への対応
企業・組織・教育機関等、実社会での活動・経験を踏まえ、持続可能な社会の構築に向けた様々な課題に取り組もうとする社会人・一般市民の問題意識に応えて、生涯教育の場を提供します。
 
4.高度情報化への対応
国内外の情報を適切かつ迅速に収集・分析できる環境を整え、持続可能な社会の構築に向けた経済・経営の総合的研究をサポートします。

 

5.国際化への対応
留学生・研究者の受入・派遣の体制を整えて交流を進め、国際的な視野で持続可能な社会の構築を目指します。

 

6.地域社会への貢献
持続可能な社会の構築に向けた研究の推進、人材の育成を通じ、地域社会への貢献を果たします。


現代社会経済システム専攻

持続可能な社会の構築に向けて、狭義の経済学を超えた理論構築、実証分析を目指します。経済学をベースに金融、財政、労働、世界経済、環境等の研究を進めるだけではなく、歴史、思想、哲学の原理的研究を通じて、現代の社会経済システムの実相に迫るとともに、ありうべき将来像を構想します。短期的経済合理性を超えた真理を見極める大局観・歴史観を養い、持続可能な社会を担う人材を育成します。

 

~「現代社会経済システム専攻」修士論文テーマの具体例~
◎最適通貨圏の理論に基づく欧州通貨同盟の評価
◎中国における中小企業向け金融に関する研究
◎中国におけるM&Aの現状
◎中等教育におけるキャリア教育推進の課題
◎戦国期における制札の研究―関東甲信越地方を中心として
◎群馬県におけるこんにゃくの経済分析 


現代経営ビジネス専攻

経営学・会計学の高度な専門知識と関連諸科学を駆使した学際的アプローチに基づき、現代企業が直面している様々な経営課題を総合的に研究します。持続可能な社会の重要な担い手たる企業の役割を明らかにし、経営やビジネスのありうべき将来像を構想します。目先の利益にとらわれない長期的視点で企業・組織を研究し、またリードできる人材を育成します。

 

~「現代経営ビジネス専攻」修士論文テーマの具体例~
◎バリュー株効果・小型株効果とミスプライシング修正仮説
◎若年労働者の定着化を促す要因の探求―キャリア形成と組織コミットメントの観点から
◎株価レーティングの情報効果
◎わが国企業会計制度における引当金概念の変遷―引当金返還史からみた今後の展開
◎新しい時代の中国における日系企業の人材戦略
◎目標管理制度の展開―先行研究の検討と事例調査
 


このページに関するお問い合わせ

教育グループ 教務チーム(事務棟1階)
  電 話:  027-344-6264
  メール:  kyomu@tcue.ac.jp