• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   地域政策学部   >   専任教員   >   若林 隆久 准教授  
教員紹介(地域政策学部)
 
若林 隆久 (わかばやし たかひさ) 准教授
所属学部・学科
地域政策学部・地域政策学科
略歴
2007年3月 東京大学経済学部経営学科 卒業
2010年3月 東京大学大学院経済学研究科経営専攻修士課程 修了
2010年4月 日本学術振興会特別研究員DC1(2013年3月まで)
2014年3月 東京大学大学院経済学研究科経営専攻博士課程 単位取得退学
2014年4月 高崎経済大学地域政策学部 講師
2017年4月 高崎経済大学地域政策学部 准教授
学位

修士(経済学)(東京大学)

担当授業(学部)
経営学、経営分析/財務諸表分析、産業立地論、初年次ゼミ、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]経営学・経営組織論・ネットワーク組織論
[主な内容]身近な組織や実在の企業の事例を題材に、経営学・組織論の理論を実践に活かせるような形で学びます。学んだ知識を現実社会と結びつけるため、実務家へのインタビュー、商品企画やビジネスプランの立案、ゼミという組織の経営の実践などを行っています。
研究分野
経営学、経営組織論、社会ネットワーク分析
現在の研究課題
個人や企業の行動・成果は、彼らの周囲を取り巻くネットワーク(つながり・社会関係)の影響を受けています。そこで、個人や企業に関係するネットワークが、どのように企業経営に影響を与えるかを明らかにすることを研究課題としています。具体的には、職場における個人間のネットワーク、ファッション・アパレル産業における企業間関係、オンラインゲームにおけるユーザー・コミュニティ、地域の産業集積における取引関係、ポイントプログラムや電子マネーといった企業ポイントの交換市場を形成する企業間提携関係のネットワーク、などを対象として研究しています。
主要な研究業績
  • 「ファッション・アパレル産業におけるメーカー・サプライヤー関係:能力の発見・育成とセレクション」『組織学会大会論文集』単著, 第5巻第2号, 2016年
  • 「戦略的提携ネットワークの形成要因:産業要因か、企業要因か、ネットワーク要因か?」『組織科学』共著, 第47巻第1号, 2013年
  • Inamizu, N. and Wakabayashi, T., "A dynamic view of industrial agglomeration: Toward an integration of Marshallian and Weberian theories", Annals of Business Administrative Science, Vol.12, 2013
  • 「職場におけるパーソナル・ネットワークとパフォーマンス:コールセンターの事例から」『組織学会大会論文集』共著, 第2巻第1号, 2013年
  • 「企業ポイント交換市場の構造と形成」『組織科学』単著, 第42巻第2号, 2008年
所属学会

組織学会
経営行動科学学会
進化経済学会

社会における活動・受賞歴等
  • 第5回リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(経済学分野)参加(2014年8月)
  • 株式会社ゲノムクリニック倫理審査委員会・委員長(2018年9月~)
  • 群馬県創業支援連携会議 委員(2018年4月~)
  • 経営研究所 「人材開発と組織」研究会 コーディネータ(2017年1月~)
  • 日本生産性本部 経営アカデミー 組織変革とリーダーシップコース グループ指導講師(2016年6月~)
  • 「組織におけるキャリアとワークスタイル」研究会・主宰(2014年12月~)
成果の説明書
リンク
 

Degree
Master in Economics (The University of Tokyo)
Courses Taught (Undergraduate)
Business Management
Business Analysis / Financial Statement Analysis
Industrial Location Theory
Academic Skills
Sminar I II
Research Field
Management, Organization Theory, Social Network Analysis
Link