• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   地域政策学部   >   専任教員   >   坪井 明彦 教授  
教員紹介(地域政策学部)
 
坪井 明彦 (つぼい あきひこ) 教授
所属学部・学科
地域政策学部・地域づくり学科
略歴
1997年3月 高崎経済大学経済学部卒業
1997年4月 亜細亜大学大学院経営学研究科博士前期課程入学
1999年3月 亜細亜大学大学院経営学研究科博士前期課程修了
1999年4月 明治大学大学院商学研究科博士後期課程入学
2003年3月 明治大学大学院商学研究科博士後期課程退学
2003年4月 高崎経済大学地域政策学部専任講師
2006年4月 高崎経済大学地域政策学部助教授
2007年4月 高崎経済大学地域政策学部准教授
2015年4月 高崎経済大学地域政策学部教授(~現在)
学位

修士(経営学)

担当授業(学部)
地域マーケティング、マーケティング、経営学、初年次ゼミ、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]地域マーケティング・マーケティング
[主な内容]今日、多くの地域が中心市街地の空洞化、進出企業の撤退、観光客の減少などの問題を抱えている。こうしたさまざまな地域問題に対するマーケティング視点からのアプローチについて、議論し実践的に学ぶ。
担当授業(大学院)
Mマーケティング特論
大学院の講義内容
マーケティング戦略のフレームワーク、消費者行動とリサーチ、マーケティング戦略の実践、マーケティングの新しい展開について、ケースを用いて学習する。
研究分野
マーケティング論、地域マーケティング
現在の研究課題
地域を活性化するためには、観光客などその地域の外から人々を呼び込むこと、地域に居住し生活する人々を増やすこと、その地域に雇用を提供する企業を増やすこと、その地域で生産される商品の購買者や購買量を増やすことなどが必要である。この中でも、特に、観光客などを地域外から呼び込むこと、地域で生産される商品の購買者を増やすことを中心に研究している。
主要な研究業績
  • 「ゼミ活動を通じたPBL実践の効果と課題―学生の能力の伸長という点からの考察―」単著、高崎経済大学地域政策学会『地域政策研究』vol.17 No.3、2015年
  • 『世界遺産の地域価値創造戦略―地域デザインのコンテクスト転換』共著、芙蓉書房出版、2014年
  • 『地域マーケティングの核心―地域ブランドの構築と支持される地域づくり』共著、同友館、2014年
  • 『ソーシャル・キャピタル論の探究』共著、日本経済評論社、2011年
  • 『事業創造論の構築』共著、日本経済評論社、2006年
所属学会
日本ビジネス実務学会、日本地域政策学会、地域活性学会、日本経営診断学会、日本商業学会、地域デザイン学会、経営行動研究学会
社会における活動・受賞歴等
  • 日本ビジネス実務学会副会長(2013年6月~)
  • 地域活性学会理事(2013年7月~)
  • 日本地域政策学会事務局長(理事)(2016年7月~)
  • 日本経営診断学会理事(2014年11月~)
成果の説明書
リンク
 

Degree
Master (Business administration) (Asia University)
Courses Taught (Undergraduate)
Regional Marketing
Marketing
Business Management
Academic Skills
Seminar I・II
Research Field
regional marketing
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。