• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   地域政策学部   >   専任教員   >   西野 寿章 教授  
教員紹介(地域政策学部)
 
西野 寿章 (にしの としあき) 教授
所属学部・学科
地域政策学部・観光政策学科
略歴
1980年3月 奈良大学文学部地理学科卒業
1986年3月 愛知大学大学院経営学研究科(経済地理学専攻)修士課程修了
1988年4月 高崎経済大学助手(附属産業研究所専任所員)
       講師、助教授を経て、2000年4月教授
2004年4月~2008年3月 地域政策学部就職委員長
2008年4月~2011年3月 附属産業研究所長
2010年11月~2013年3月 観光政策学科長
2013年4月~2015年3月 国際交流センター長
2015年4月~       地域科学研究所長
学位

博士(地域社会システム) 愛知大学

担当授業(学部)
農村地理学、観光地理学、地域開発論、地域政策学入門/地域論、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]地域振興・内発的発展
[主な内容]地域開発論ゼミ。過疎化・高齢化のいちじるしい山村について、農林業振興、観光開発、国土保全などの視点から、その振興のあり方を考える。授業での文献輪読に加えて、調査合宿を実施して実態を学び、討論する。
担当授業(大学院)前期
農村地理学特論演習、農村地理学特論、地域開発特論
大学院の講義内容 前期
日本の農山村地域の現代的諸問題について講じる。まず、戦後の地域構造変化について、これまでの国土開発政策、農林業政策をふまえつつ歴史的に認識したうえで、過疎化、高齢化の著しい農山村の現状について、地域論的視点、産業論的視点から論じて、農山村の有する構造的問題に言及する。その際、近年政府において本格的に重視し始めた農山村地域の持つ公益機能評価に関する議論についても触れて、農山村地域の維持存続の必要性をめぐる議論にも言及する。
担当授業(大学院)後期
農村地理学特別演習
大学院の講義内容 後期
(特別演習)
農村、山村地域の構造的問題、政策史を研究し、今、日本の農村、山村地域に必要とされる政策的視点について研究する。特に過疎化、高齢化の著しい過疎地域を研究対象とし、座学だけでなく、現地に赴いて、地域の実情を学びつつ、地域的課題を析出する。
(研究指導)
農村、山村地域に関する学位論文の作成のための研究指導を行う。研究指導では、研究の独自性の確立、分析対象の分析視点と方法、資料調査の方法と分析方法などを指導する。学位論文は、日本学術会議に登録された関係学会での口頭発表、学会誌への投稿を行いながら完成させることが望ましく、学会発表技法や投稿論文のまとめ方についても指導を行う。
研究分野
農村地理学 地域電気事業史研究
現在の研究課題
(1)山村の研究 過疎化、高齢化の著しい山村の歴史、現状、地域振興に関する研究を行っている。山村を歩いて現状分析、地域振興のメカニズム分析を行い、政策提言も行っている。山村振興は容易ではないが、群馬県においては、山村振興を目的とした県産材の利用促進のために提言した政策が、実際に実行されている。
(2)地域電気事業史研究 戦前、採算性の悪さから電灯会社の配電地域から除外された山村における内発的な地域電気事業の成立過程につい実証的に研究している。住民に加わった資金調達のあり方や地域エネルギーに対する当時の認識などは、大震災後のわが国の電気事業のあり方に示唆的で、歴史研究を現代の政策に活かす研究を進めている。
主要な研究業績
  • 『山村地域開発論』(単著)、大明堂、1998年。
  • 『現代山村地域振興論』(単著)、原書房、2008年。
  • 「国家管理以前の電気事業の性格と地域との対応」『人文地理』(単)、40巻6号、1988。
  • “Regional Policies for Sustainable Development of Mountain Villages in Japan”, Geographical Review of Japan Series B, 82-2, 2010.
  • 『山村における事業展開と共有林の機能』(単著),原書房,2013年。
所属学会

日本地理学会、人文地理学会、経済地理学会

社会における活動・受賞歴等
  • 受賞 : 2011年3月 日本地理学会賞(優秀論文部門)
  • 受賞 : 2014年6月 2014年度地理空間学会学術賞
  • 社会活動 : 群馬県ぐんま緑の県民税評価委員会委員長,群馬県公共事業再評価委員など。
成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Socio-Regional Systems. Aichi University.
Courses Taught (Undergraduate)
Rural Geography
Tourism Geography
Regional Development
Invitation to Regional Policy/Regional Studies
Seminar I・II
Courses Taught (Graduate)
Advanced Study of Rural Geography
Advanced Study of Rural Geography
Advanced Study of Regional Development
Special Seminar on Rural Geography
Research Field
Economic Geography, Region, Mountain Villege
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。