• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   地域政策学部   >   専任教員   >   河藤 佳彦 教授  
教員紹介(地域政策学部)
 
河藤 佳彦 (かわとう よしひこ) 教授
所属学部・学科
地域政策学部・地域政策学科
略歴
1982年3月 早稲田大学 政治経済学部 経済学科卒業
1982年4月 大阪府に入庁(上級行政職)
産業、土木、環境、地域開発などの分野で実務を担当(地域経済振興係長、大阪府八尾市理事〔産業分野担当〕、企業監理課参事など)。
その間、埼玉大学大学院政策科学研究科(現:政策研究大学院大学)修士課程、および大阪商業大学大学院地域政策学研究科博士後期課程(地域経済政策専攻)を修了。
2006年4月 高崎経済大学 地域政策学部 助教授 2007年4月准教授
2011年4月 高崎経済大学 地域政策学部 教授
学位

博士(地域政策学)(大阪商業大学)、学術修士(埼玉大学;現政策研究大学院大学)

担当授業(学部)
地域経済論、産業政策論、中小企業論、初年次ゼミ、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]地域産業政策論
[主な内容]産業を地域の視点から捉え、地域資源を活かして自律的な発展を促進する政策について考えることを基本テーマとし、個別の産業分野や中心市街地、地場産業など多様な視点から地域産業の特色に着目して個別テーマに取り組んでいく。
担当授業(大学院)前期
地域産業政策特論、地域産業政策特論演習
大学院の講義内容 前期
本講では、地域の個性や優位性を活かした地域産業の振興政策について論じたい。そのため、産業政策論、中小企業論、地域経済論などを踏まえ、基盤的技術産業集積地域、地場産業地域、企業城下町地域、大都市地域、住宅都市地域など、産業の実態との関係において特性が類型化される地域について、地域産業の実態と地域産業政策の現状との関係について分析・評価し、将来方向について考える。
担当授業(大学院)後期
地域産業政策研究指導、地域産業政策特別演習
大学院の講義内容 後期
(博士後期課程)本講では、地域産業の振興に関する各自の関心テーマに基づき、文献講読や資料分析、実態調査などを通じて、地域産業政策論、中小企業論、地域経済論など地域産業に関する基本理論に立脚すると同時に実践的な産業政策の方法論について探求する。そのため、自ら必要な文献や資料を探索し、アンケート調査やヒアリング調査などの実地調査を実施する研究能力を体得できるよう、必要な助言・指導を実施する。併せて、その取組み成果を学会報告や論文作成などによって確実な実践力として定着させ、博士の学位取得に向け、必要な助言・指導を実施する。
研究分野
地域産業政策論、中小企業論、地域経済論
現在の研究課題
産業を地域の視点から捉え、地域資源を活かして地域産業の自律的な発展を促進する政策について考えることを基本テーマとして、研究に取り組んでいます。併せて、背景となる地域経済の特色やその重要な担い手である中小企業の役割などについても注目しています。研究対象は、製造業、商業などの産業分野、また産地、企業城下町、中心市街地などの産業地域といった幅広い範囲にわたります。さらには、地域の産業政策を実施する主体やその政策関与のあり方について、公民の役割分担という視点から考察することにも関心を持っています。
主要な研究業績
  • 「産業クラスターの形成による地域産業の再生に関する一考察:大阪府内の工業地区を事例として」(単著)『都市研究』第5・6号合併号、2006年
  • 『地域産業政策の新展開:地域経済の自立と再生に向けて』(単行本:単著)文眞堂、2008年
  • 「農林漁業地域の産業振興方策:2つの地域の比較分析」(単著)『日本都市学会年報』第43号、2010年
  • 『分権化時代の地方公共団体経営論:公民の望ましい役割分担について考える』(単行本:単著)同友館、2011年
  • 「産業集積の再生と発展を促進する地域産業政策:3つの産業集積の比較考察」(単著)『日本中小企業学会論集』第31号、2012年
  • 「地域中小企業のイノベーション推進に関する考察:群馬県太田市の機械産業を事例として」(単著)商工総合研究所『商工金融』第63巻5号、2013年
  • 「産業都市としての室蘭市における地域経済再生戦略」『日本都市学会年報』第47号、2014年
  • 「自治体政策による地域産業の活性化に求められるもの」日本都市センター『都市とガバナンス』第22号、2014年
  • 「地域の中から新産業を創出する」地方自治研究機構『自治体法務研究』第37号、ぎょうせい出版、2014年
  • 『地域産業政策の現代的意義と実践』(単行本:単著)同友館、2015年
  • 「太田市域における機械産業集積の発展要因に関する分析:自動車産業の下請関係の役割を踏まえて」(共著)『日本中小企業学会論集』第35号、2016年
所属学会

日本中小企業学会、日本都市学会、関東都市学会 、経済地理学会、中小企業研究国際協議会(ICSB)日本委員会

社会における活動・受賞歴等
  • 群馬地方最低賃金審議会(厚生労働省) 会長
  • 群馬県渋川市まち・ひと・しごと創生検討会議 会長
  • 群馬県渋川市総合計画審議会 会長
  • 埼玉県上尾市産業振興会議 会長
  • 埼玉県所沢市産業振興ビジョン策定委員会 委員長                 (記載はいずれも、2017年9月1日現在)
成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Regional Policy (Osaka University of Commerce)
Courses Taught (Undergraduate)
Regional Economy
Industrial Policies
Small and Medium Business Economics
Academic Skills
Seminar I・II
Courses Taught (Graduate)
Advanced Study of Industrial Policy of Region
Advanced Study of Industrial Policy of Region, Seminar
Special Seminar on Industrial Policy of Region
Research Guidance of Industrial Policy of Region
Research Field
Industrial Policy of Region, Small and Medium Business Economics, Regional Economy
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。