• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   高松 正毅 教授  
教員紹介(経済学部)
 
高松 正毅 (たかまつ まさき) 教授
所属学部・学科
経済学部・経営学科
略歴
1987年3月 早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
1987年4月 早稲田大学大学院文学研究科修士課程入学
1990年3月 早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了
1991年4月 早稲田大学大学院文学研究科博士課程入学
1995年3月 早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学
1995年4月 江戸川女子短期大学人文学科専任講師
2000年4月 高崎経済大学経済学部助教授
2008年4月 高崎経済大学経済学部教授
学位
修士(文学)(早稲田大学)
担当授業(学部)
日本古典研究、日本語リテラシーⅠ・Ⅱ、論文の読み方・書き方b1・b2、論理的思考、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]問題解決・意思決定
[主な内容]言語表現(口頭発表・文書作成)技術の実践訓練を主眼とする。口頭であろうと文書であろうと、表現するに際しては、内容の構築を避けて通ることができない。そして内容を構築するためには、論理的に考えることが不可欠である。
担当授業(大学院)
文章技法研究
大学院の講義内容
情報化社会におけるリテラシーとして必要不可欠な「わかりやすい文書を書く能力」は「明快に考える能力」に他ならない。本研究では、いかにして書くかという実践的な試みを通して、いかにして考えるかという事の本質に具体的に迫ることをめざす。ビジネス文書にも求められる相手(聞き手・読み手)の状況への理解、論理性、説得性などにも充分目を配りつつ、修士論文へとつながるレポート・論文を実践的に書くトレーニングを行う。
研究分野
言語学、日本語学、高等教育
現在の研究課題
コミュニケーション論、文章論、文体論、大学教育
主要な研究業績
  • 『高大連携と能力形成』共 日本経済評論社 2013年 「第2章 高大接続と大学の課題」
  • 「論文における『問い』と『答え』の対応をめぐって」単 『高崎経済大学論集』第55巻第2号 2013年
  • 『群馬の再発見―地域文化とそれを支えた産業・人と思想』共 上毛新聞社事業局出版部 2012年 「第11章 たった一つの詩「帽子」の再発見と「霧積」―森村誠一『人間の証明』の舞台」
  • 『地方公立大学の未来』共 日本経済評論社 2010年 「第2章 変わりゆく大学教育と大学の未来」
  • 「文章理解における『行間』と『論理』をめぐって」単 『高崎経済大学論集』 第52巻 第3号 2009年
  • 「論文本論における『配列』と『構成』に関する一考察」単 『高崎経済大学論集』 第51巻 第4号 2009年
  • 「『説明』はいかなる形をとり得るか」単 『国語学 研究と資料』第30号 2007年
  • 「『文章表現技術』の理論確立に向けて」単  『高崎経済大学論集』第45巻 第4号 2003年
所属学会
日本語学会、大学教育学会、初年次教育学会、日本リメディアル教育学会
社会における活動・受賞歴等
  • 情報処理学会 学会試行標準/WG3 小委員会(解析用日本語辞書の記述項目と記述形式)委員 (2001年~)
  • 日本リメディアル教育学会理事(関東・甲信支部長)(2015年~)
  • ぐんま教育賞選考委員(第13回・第14回)
成果の説明書
リンク
 

Degree
M.A. Waseda Univ.
Courses Taught (Undergraduate)
Study of Japanese Classics
Japanese Literacy I II
Academic Reading and Writing Exercises b1 b2
Logical Thinking
Introductory Seminar
Seminar I II
Courses Taught (Graduate)
Study on Academic Writing
Research Field
Japanese linguistics
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。