• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   岡田 知之 准教授  
教員紹介(経済学部)
 
岡田 知之 (おかだ ともゆき) 准教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
1994年3月 福岡大学経済学部経済学科 卒業
1994年4月 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程 入学
1996年3月 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程 修了
1996年4月 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程 入学
2002年3月 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程 単位取得満期退学
2006年4月 高崎経済大学経済学部専任講師
2009年4月 高崎経済大学経済学部准教授
学位
修士(経済学)(慶應義塾大学)
担当授業(学部)
公共経済学Ⅰ・Ⅱ、経済成長論、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]経済成長論・公共経済学
[主な内容]まずは、ミクロ経済学、マクロ経済学といった経済学の基礎理論の習得をめざす。そして、理論的な視点から、経済の問題を考察できる力を養うことを目標に、ゼミを行いたい。
研究分野
経済成長論
現在の研究課題
内生的成長理論に考え方に従うならば、新技術の開発は経済成長の原動力となる可能性がある。また、この考え方によれば、規模の大きな経済ほど新技術を開発する力が強く作用し、高成長が期待される。しかし、実際には、必ずしも規模の大きな経済が高成長を実現できるとは限らない。現在の研究課題は、内生的経済成長の考え方をふまえつつ、規模の大きな経済が高成長を実現できない理由を理論的観点から考察し、その理由を明らかにすることである。
主要な研究業績
  • 「所得再分配政策の所得格差と経済成長に対する効果」『現代経済学研究』第8号(単著) 2000年
  • 「再生可能資源に関する一般均衡分析」『現代経済学研究』第9号(単著) 2002年
  • 「ラーニング・バイ・ドゥーイングによる後発国における持続的成長の可能性について」『日本経済研究』第45号(単著) 2002年
  • 「再生可能資源の持続的利用可能性について」『地球環境レポート』第9号(単著) 2004年
  • 「知識の陳腐化と持続的経済成長(1)、(2)」『高崎経済大学論集』第49巻第3・4合併号、第50巻第1・2合併号(単著) 2007年
所属学会
日本経済学会、日本財政学会、日本応用経済学会
成果の説明書
リンク
 

Degree
M.A. in Economics, Keio University
Courses Taught (Undergraduate)
Public Economics I・II
Economic Growth
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
Economic Growth
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。