• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   名和 賢美 准教授  
教員紹介(経済学部)
 
名和 賢美 (なわ けんみ) 准教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
1996年3月 一橋大学社会学部卒業
1999年3月 学習院大学大学院政治学研究科政治学専攻博士前期課程修了
2003年3月 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程修了
2003年4月 一橋大学大学院助手(2006年5月まで)
2007年4月 高崎経済大学経済学部講師
2010年4月 高崎経済大学経済学部准教授
学位
博士(社会学)(一橋大学)
担当授業(学部)
西洋古典語の世界、社会学特講、日本語リテラシーⅠ・Ⅱ、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]鋭い質問力と遊び心あるプレゼン力の涵養
[主な内容] 2年次には、あの「日本語リテラシーⅠ」の復習をすると同時に、プレゼンテーションの古典的な理論を学び、日本語運用力をさらに高める。3年次には、リテラシーをさらに鍛えつつ、企業・官庁研究に取り組み、就活の方向性を固めていく。そして無事に就活を終えた暁には、特に関心のあることを卒論テーマに選んだ上で調査研究を進め、卒論発表会の場でその成果をプレゼンする。
研究分野
デモクラシー論
現在の研究課題
1.論理的表現力・批判的思考力を核とする市民教育プログラムの構築
2.古代ギリシア民主政思想の文献学的考察
3.現代日本社会における自治会・町内会運営法の比較研究
4.近現代における情報公開制度の発展史
5.近代におけるギリシア民主政思想の受容史
主要な研究業績
  • 単「型作文と型発問から始まる市民教育プログラム構築への挑戦」『年報政治学』2016-Ⅰ号,2016年
  • 単「ギリシア・ローマの弁論術を受け継ぐ市民教育の可能性」平子友長他編『危機に対峙する思考』梓出版社,2016年
  • 単「『日本語リテラシーⅠ』の授業設計」名和賢美編『日本語リテラシーと初年次教育』高崎経済大学,2015年
  • 単「大学生による論理的表現力の伝授」高崎経済大学産業研究所編『高大連携と能力形成』日本評論社,2013年
  • 単「デーモクラティアーと公開原理」(2002年博士論文),未公刊
所属学会
日本政治学会、政治思想学会
成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Social Sciences (Hitotsubashi University)
Courses Taught (Undergraduate)
Introduction to Classical Languages
Sociology-Special Program
Japanese Literacy I II
Introductory Seminar
Seminar I II
Research Field
democracy, citizenship education, ancient Greek political thought
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。