• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   木下 まゆみ 教授  
教員紹介(経済学部)
 
木下 まゆみ (きのした まゆみ) 教授
所属学部・学科
経済学部・経営学科
略歴
1997年 3月 お茶の水女子大学文教育学部卒業
1999年 3月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士前期課程)修了
2002年 3月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士後期課程)単位取得退学
2002年 4月 日本学術振興会(PD)
2005年 4月 高崎経済大学経済学部専任講師
2008年 4月 高崎経済大学経済学部准教授
2016年 4月 高崎経済大学経済学部教授
学位

博士(人文科学) お茶の水女子大学

担当授業(学部)
心理学、教育心理学、教育測定及び方法、日本語リテラシーⅠ、教職実践演習(中・高)、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
担当授業(大学院)
教育心理学研究、教育心理学特論
大学院の講義内容
「学び」の教育心理学は、神経科学の進展をベースに、古典的な学習理論と認知的アプローチを発展的に統合する方向に変わり始めています。本講義では、これまでの「学び」に関する研究枠組みの変遷を追い、現在の動向の把握を目指します。
研究分野
教育心理学、社会心理学
現在の研究課題
協同学習に関する教育心理学的研究として、集団討論における「聞き手」の非言語的行動(視線や微笑、相づちなど)の役割について、行動分析的データを基に分析を行っています。その結果、聞き手は私たちが思っている以上に討論の流れに影響を与えることがわかりつつあります。また、生活に身近な事柄、例えば食べること、について、「真面目に」心理学的研究をしています。心理学の中でも、実験室を飛び出して、暮らしの中に活きる研究をしようという動きが強まっています。私もそういう問題意識を持って、日々研究のアイディアを探しています。
主要な研究業績
  • [『抑うつからの回復-合理的思考の効果に関する実証的研究-』,単著,風間書房,2006
  • 「食のアウトソーシング―女子大学生による外部委託食利用の意味付けを探る――」,『大正大學研究紀要』,共著,96,178-190,2010
  • 「ディスカッションを中心とした学習の教育效果(1): 発言の方向性に示される動機づけ及び理解の変化」, 『高崎経済大学論集』,単著, 56,15-26,2013
  • 『青年期発達百科事典 第2巻(29章「スポーツへの参加」担当)』,翻訳,丸善出版,271-281,2014
  • 「ディスカッションを中心とした学習の教育效果(2): 聞き手による言語的・非言語的応答の発言統制機能」, 『高崎経済大学論集』,単著, 58,47-54,2015
所属学会

日本心理学会、日本教育心理学会、日本社会心理学会、日本パーソナリティ心理学会

社会における活動・受賞歴等
  • 2007年 9月~2011年9月  日本パーソナリティ心理学会常任編集委員
  • 2012年10月~現在 日本パーソナリティ心理学会理事
  • 2016年 2月~現在 日本パーソナリティ心理学会常任編集委員
成果の説明書
リンク
 

Degree
Ph.D. in Psychology (Ochanomizu University)
Courses Taught (Undergraduate)
Psychology
Educational Psychology
Educational Measurement and Method
Japanese Literacy I
Seminar of Teacher Professional Practice
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
cognitive process in depression, eating behavior, media use
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。