• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   宮田 庸一 准教授  
教員紹介(経済学部)
 
宮田 庸一 (みやた よういち) 准教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
1993年4月 早稲田大学教育学部理学科数学専修入学
1997年3月 早稲田大学教育学部理学科数学専修卒業
1997年4月 早稲田大学大学院理工学研究科 修士課程 入学
1999年3月 早稲田大学大学院理工学研究科 修士課程 修了
1999年4月 早稲田大学本庄高等学院 専任教員
2008年4月 高崎経済大学経済学部講師
2011年4月 高崎経済大学経済学部准教授
学位
博士(理学)(早稲田大学)
担当授業(学部)
統計学Ⅰ・Ⅱ、多変量データの分析A(応用統計学)、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]数学統計学、計量経済学
[主な内容]統計学(主に回帰分析)における数学的な仕組みをなるべく飛ばさずにきちんと読んでいく。またデータ(経済、教育、スポーツ等)に対して最適なモデル選択についても検討する。
研究分野
数理統計学
現在の研究課題
予測分布、事後平均、ベイズ因子のように事後平均の形で表すことができるものは、しばしば積分に対する近似が必要になる。通常、事後平均を漸近展開する場合には、被積分関数の事後モードが必要になるが、時系列モデルなどの場合、厳密なモードを求めることがしばしば困難な場合がある。このため様々な統計モデルに対して、厳密な事後モードに代わる推定量を用いて漸近展開した場合の漸近誤差、および数値誤差を評価することが現在の研究課題となっている。
主要な研究業績
  • Y, Miyata. (2011). Maximum likelihood estimators in finite mixture models with censored data, Journal of Statistical Planning and Inference, 141,56-64.
  • 宮田 庸一. (2010). 両側打ち切り混合モデルおよび教育データへの応用, 早稲田大学数学教育学会, 28, No.1, 47-55.
  • Y, Miyata. (2010). Approximate Marginal Posterior Distributions Using Asymptotic Modes, Communications in Statistics----Theory and Methods, 39, 1129-1140.
  • Y, Miyata. (2010). Laplace Approximations to Means and Variances with Asymptotic Modes, Journal of Statistical Planning and Inference, 140, 2, 382-392.
  • Y, Miyata. (2004). Fully Exponential Laplace Approximations Using Asymptotic Modes, Journal of the American Statistical Association, 99, 1037-1049.
所属学会
アメリカ統計学会、日本統計学会、日本数学会
成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Science (Waseda University)
Courses Taught (Undergraduate)
Statistics I II
Multivariate Data Analysis A
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
Laplace approximations, Finite Mixture Models, Statistical Inference
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。