• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   國分 功一郎 准教授  
教員紹介(経済学部)
 
國分 功一郎 (こくぶん こういちろう) 准教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
1997年3月 早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
1997年4月 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 修士課程 入学
1997年10月 フランス国 ストラスブール大学 哲学科 Licence課程 入学
2000年3月 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 修士課程 修了
2000年4月 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 博士課程 進学
2000年10月 フランス国 パリ第十大学 哲学科 DEA課程 入学
2001年9月 フランス国 パリ第十大学 哲学科 DEA課程 修了
2001年10月 フランス国 パリ第十大学 哲学科 Doctorat課程 入学
2001年10月 フランス国 社会科学高等研究院 言語科学科 DEA課程 入学
2002年9月 フランス国 社会科学高等研究院 言語科学科 DEA課程 修了
2006年3月 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 博士課程 単位取得退学
2006年4月 東京大学大学院総合文化研究科 21世紀COEプログラム「共生のための国際哲学交流センター」(UTCP)
研究拠点形成特任研究員
2007年10月 東京大学大学院総合文化研究科 グローバルCOEプログラム「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)研究拠点形成特任研究員
2008年4月 高崎経済大学 経済学部 講師
2009年5月 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 博士課程 修了 (課程博士)
2011年4月 高崎経済大学 経済学部 准教授
2015年4月 英国キングストン大学近代ヨーロッパ哲学研究センター訪問研究員
2016年4月 現職
学位
Diplome d'etudes approfindies (DEA) : philosophie(パリ第十大学), Diplome d'etudes approfindies (DEA) : Science des langages(パリ社会科学高等学院), 博士(学術) (東京大学)
担当授業(学部)
倫理学、学問研究入門、哲学、社会哲学、哲学特講、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]哲学・政治哲学・現代社会哲学・倫理学
[主な内容]哲学を学びながら、現代社会をどう生きるかについて考えます。「楽しく真剣に勉強する」がモットー。各自が選択したテーマで文章を書き、発表し、思考を彫琢しながら、卒論という作品の完成を目指します。
研究分野
哲学
現在の研究課題
17世紀哲学、現代フランスの哲学を主な研究対象にしています。前者についてはスピノザの倫理学の解明、後者についてはジル・ドゥルーズの哲学の解明がいまの研究テーマです。また〈暇と退屈の倫理学〉というテーマで現代社会の研究も進めています。
主要な研究業績
  • 【著書】
  • 『スピノザの方法』(単著)、みすず書房、2011年
  • 『暇と退屈の倫理学』(単著)、朝日出版社、2011年
  • 『哲学の自然』(中沢新一との共著)、太田出版、2013年
  • 『ドゥルーズの哲学原理』(単著)、岩波書店、2013年
  • 『来るべき民主主義──小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』(単著)、幻冬舎(幻冬舎新書)、2013年
  • 『社会の抜け道』(古市憲寿との共著)、小学館、2013年
  • 『哲学の先生と人生の話をしよう』(単著)、朝日新聞出版、2013年
  • 『統治新論──民主主義のマネジメント』(大竹弘二との共著)、太田出版、2015年
  • 『暇と退屈の倫理学 増補新版』(単著)、太田出版、2015年
  • 『近代政治哲学──自然・主権・行政』(単著)、筑摩書房(ちくま新書)、2015年
  • 【翻訳】
  • ジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(翻訳・解説)、岩波書店、2004年
  • ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』(翻訳・解説)、ちくま学芸文庫、2008年
  • フェリックス・ガタリ+ステファン・ナドー『アンチ・オイディプス草稿』(千葉雅也との共訳)、みすず書房、 2010年
  • ミシェル・オンフレ+マクシミリアン・ル=ロワ『ニーチェ──自由を求めた生涯』(翻訳・解説)、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、2012年
  • ジル・ドゥルーズ『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』(DVD字幕翻訳監修・解説)、KADOKAWA/角川学芸出版、2015年
  • 【口頭発表】
  • “Desire and Power: A Deleuzian Reading of the Foucauldian Notion of Pouvoir” (Plenary Speech), The First International Deleuze Studies in Asia Conference, Taipei, Taiwan, 2013
  • “Plural types of ‘Other’ – Desert Island, perception and question of autism” (Plenary Speech), The Second International Deleuze Studies in Asia Conference, Osaka, Japan, 2014
所属学会

表象文化論学会

成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Philosophy, The University of Tokyo
Courses Taught (Undergraduate)
Ethics
Introduction to Academic Studies
Philosophy
Social Philosophy
Philosophy-Special Program
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
Philosophy, Gilles Deleuze (1925-1995), Benedictus de Spinoza (1632-1677)
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。