• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   加藤 健太 教授  
教員紹介(経済学部)
 
加藤 健太 (かとう けんた) 教授
所属学部・学科
経済学部・経営学科
略歴
1994年3月 青山学院大学経営学部経営学科 卒業
1996年3月 明治大学大学院経営学研究科修士課程 修了
1998年3月 東京大学大学院経済学研究科修士課程 修了
2004年4月~2007年3月 千葉商科大学商経学部 非常勤講師
2005年4月~2007年3月 東京大学大学院経済学研究科 COE特任研究員
2007年4月~2010年3月 高崎経済大学 講師
2009年3月 東京大学大学院経済学研究科博士課程 修了
2010年4月~ 高崎経済大学 准教授
2017年4月~ 高崎経済大学 教授
学位
経済学博士(東京大学)
担当授業(学部)
戦後日本経営史、戦前期日本経営史、外国経営史、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]企業のケース・スタディ
[主な内容]ゼミでは、特定の企業の経営行動をいろんな角度から調べて、レポートや論文を書いて、発表することを主な活動にしている。その際、ゼミ生には歴史的アプローチをとることと、現代の企業を取り巻く問題との関連性を重視してもらっている。
研究分野
日本経営史
現在の研究課題
主たる研究課題は、企業の経営行動に光を当てながら、戦後日本における消費社会の展開と変容を検討することである。具体的には、(1)小売業、(2)食品および外食産業、(3)コンテンツ産業、(4)アパレル産業を主な対象にして、各業界における企業の戦略と組織、マーケティング活動、経営者の役割、企業間競争などを研究している。その際、個々の企業の経営行動や企業どうしの競争が、社会のあり方に規定されるだけでなく、社会のあり方を変容させる原動力になった点に注目している。
主要な研究業績
  • 「コンテンツ―ルフィは日本経済の救世主になれるか―」(単著)橘川武郎・板垣暁・平野創編『日本の産業と企業―発展のダイナミズムをとらえる―』有斐閣アルマ(第16章)、2014年
  • 『ケースに学ぶ日本の企業―ビジネス・ヒストリーへの招待―』(大石直樹との共著)有斐閣、2013年
  • 「三菱商事の鮭鱒缶詰取引とロンドン支店―企業間関係と“ハブ拠点”の機能―」(単著)『三菱史料館論集』第15号、2014年3月
  • 「三菱商事と安治川鉄工所―総合商社の経営介入行為に関する1つの試論―」(単著)『社会経済史学』第79巻第4号、2014年2月
  • 「東急ハンズの誕生と浜野安宏―コンセプトの設計―」(単著)『高崎経済大学論集』第55巻第4号、2013年3月
所属学会
経営史学会、社会経済史学会
社会における活動・受賞歴等
  • 経営史学会幹事(2009年1月~2012年12月)、経営史学会評議員兼学会賞選考委員(2015年1月~)
  • 経営史学会賞(2007年)
成果の説明書
リンク
 

Degree
Doctor of Economics (The University of Tokyo)
Courses Taught (Undergraduate)
History of Japanese Business Management Post World War II
History of Japanese Business Management Pre World War II
Foreign Business History
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
Japanese Business History
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。