• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   伊藤 宣広 教授  
教員紹介(経済学部)
 
伊藤 宣広 (いとう のぶひろ) 教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
2000年3月 京都大学経済学部卒業
2000年4月 京都大学大学院経済学研究科博士前期課程入学
2002年3月 京都大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
2002年4月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程進学
2005年3月 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
2005年4月 立教大学経済学部助手
2007年4月 立教大学経済学部助教
2008年4月 高崎経済大学経済学部講師
2011年4月 高崎経済大学経済学部准教授
2017年4月 高崎経済大学経済学部教授
学位
博士(経済学)(京都大学)
担当授業(学部)
学問研究入門、経済学方法論Ⅰ・Ⅱ、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]経済思想、経済理論
[主な内容]経済学の様々な考え方を学ぶ。教科書の説明だけが唯一の真実というわけではない。理論の背後にあるものについて、共に考えていきたい。
研究分野
経済学史、現代経済学、経済学方法論
現在の研究課題
19世紀後半から20世紀にかけてのイギリス経済学,特にケンブリッジ学派の経済学を研究しています。マーシャルやケインズといった経済学者の問題意識、方法論が現代経済学にどのような形で受け継がれているか、また、現代において経済学の古典を読む意義はどんなところにあるか、ということに関心をもっています。
主要な研究業績
  • 『現代経済学の誕生―ケンブリッジ学派の系譜』(単著),中公新書,2006年
  • 『ケンブリッジ学派のマクロ経済分析――マーシャル・ピグー・ロバートソン――』(単著),ミネルヴァ書房,2007年
  • 『投機は経済を安定させるのか?――ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』を読み直す』(単著),現代書館,2016年
  • Keynes and Modern Economics, (共著), Routledge, London and New York, 2013
  • アルフレッド・マーシャル『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(翻訳+解説), ミネルヴァ書房, 2014年
  • ベイトマン, 平井俊顕, マルクッツォ編『リターン・トゥ・ケインズ』(共訳), 東京大学出版会, 2014年
  • M.C.マルクッツォ『市場の失敗との闘い』(共訳),日本経済評論社,2015年
所属学会
経済学史学会、ケインズ学会、進化経済学会
成果の説明書
リンク
 

Degree
Ph.D.Economics(Kyoto University)
Courses Taught (Undergraduate)
Introduction to Academic Studies
Methodology of Economics I・II
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
History of Economic Thought
Link
 

ファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お使いのパソコン環境に最適なバージョンのAdobe Readerをダウンロードしてください。