• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
学部
TOP   >   学部   >   経済学部   >   専任教員   >   入江 和弥 准教授  
教員紹介(経済学部)
 
入江 和弥 (いりえ かずや) 准教授
所属学部・学科
経済学部・経済学科
略歴
1983年3月 東京都立大学経済学部経済学科卒業
1983年4月 筑波大学大学院博士課程社会科学研究科経済学専攻入学
       酒井泰弘教授に師事
1989年3月 修士号(経済学)取得 博士課程修士
1990年3月 筑波大学大学院博士課程単位修得退学
1990年4月 東京都立大学経済学部 奥口孝二教授の御指導の下に数理経済学と
       寡占理論の研究に従事
1991年4月 東京都立大学経済学部助手
1992年3月 東京都立大学退職
1992年4月 高崎経済大学経済学部経済学科専任講師
1995年4月 高崎経済大学助教授
2007年4月 高崎経済大学准教授
学位
修士号(経済学) 1989年3月取得 博士課程修士(筑波大学大学院博士課程社会科学研究科経済学専攻)
担当授業(学部)
産業構造論、産業組織論特講Ⅰ・Ⅱ、経済数学Ⅰ・Ⅱ、基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ
学部ゼミナールの研究テーマと主な内容
[主なテーマ]寡占・ゲーム
[主な内容]経済制度における主体的均衡モデルの数理的解析。生産、消費、一般均衡、不完全競争などの微視的理論の基礎を学習する。さらにゲームと寡占の純粋理論を研究する。制約条件として数学の知識は必須である。
研究分野
ミクロ理論・数理経済
現在の研究課題
寡占システムを中心とした微視的理論の数理的分析
主要な研究業績
  • The Schur and Samuelson Conditions for a Cubic Equation (jointly authored with Prof.Koji Okuguchi (Tokyo Metropolitan University)) ,Manchester School of Economic and Social Studies,Vol.LVIII/No.4,414-418,1990(Internationally quoted 4 times.),and reprinted in,”PAUL A. Samuelson,Critical Assessments of Contemporary Economists,Second Series,”edited by John Cunningham Wood and Michael McLure,Routledge,169-173,2005.
所属学会
日本経済学会(Japanese Economic Association)。1989年より所属し現在に至る。
リンク
 

Degree
Master(Economics),Doctoral Cource of Tsukuba University
Courses Taught (Undergraduate)
Industrial Structure
Industrial Organization-Special Program I・II
Methodology of Economics I・II
Introductory Seminar
Seminar I・II
Research Field
Microeconomics and Mathematical Economics
Link