• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
知の拠点化推進室
TOP   >   知の拠点化推進室   >   高経大+高経附「高大コラボゼミ」成果発表会を開催しました  
高経大+高経附「高大コラボゼミ」成果発表会を開催しました
2017年9月13日
 

 「高大コラボゼミ」の一環として、本学経済学部矢野ゼミナール3年生と高崎市立高崎経済大学附属高校3年文系オナークラスの生徒が「日本企業の海外戦略」をテーマに研究活動を行っています。

 その集大成ともいえる成果発表会が、9月9日(土)に高崎経済大学7号館731教室で開催されました。  

 

 高崎市立高崎経済大学附属高校は、平成26年度からの5年間、文部科学省のスーパーグローバルハイスクール事業(SGH事業)の指定校となっています。そのSGH事業の1つが、この「高大コラボゼミ」です。

 今年度は、株式会社商船三井、東レ株式会社、デンカ株式会社、富士ゼロックス株式会社、株式会社ニチレイ、日本工営株式会社の6社を対象とし、約半年間にわたり研究活動を行ってきました。8月中旬には本社訪問・インタビューを実施し、発表に向けて準備を進めてきました。

 

 当日は、大学生による活動報告・概要説明、高校生による概要説明(英語でのスピーチ)と研究成果の発表、質疑応答の流れで、全6班の発表が行われました。限られた時間の中、高校生は発表内容やスライドに工夫を凝らし、これまでの研究成果を堂々と発表していました。

 発表後には、本事業にご協力いただいた経営支援NPOクラブの方、高崎経済大学附属高校の顧問を務める本学教員から講評をいただきました。




このページに関するお問い合わせ

知の拠点化推進室(図書館1階)
  担 当:  研究支援チーム
  電 話:  027-344-6244
  F A X :  027-343-7103
  メール:  kenkyushien@tcue.ac.jp