• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
知の拠点化推進室
TOP   >   知の拠点化推進室   >   高大連携事業  
高大連携事業
 

 高崎市立高崎経済大学附属高校との高大連携は「高崎経済大学と高崎市立高崎経済大学附属高校との教育連携に関する協定書」(平成23年4月1日付)に基づき実施しています。 

 主に下記事業を実施しています。 

 

高大コラボゼミ

 「高大コラボゼミ」とは、本学のゼミナールと附属高校文系オナークラスによる合同ゼミで、文部科学省のスーパーグローバルハイスクール事業(SGH事業)の指定校となっている附属高校のSGH事業の1つです。

 

①矢野ゼミ3年生+附属高校3年文系オナークラス(担当:矢野教授) 

 「国内企業の海外戦略」をテーマに各班に分かれ、企業研究を行います。毎年8月には東京都内へ企業訪問・インタビューを行い、研究活動をより深めています。 

 9月の成果発表会では、大学生による活動報告・概要説明、高校生によるスピーチ(英語での概要説明)と研究の成果を発表します。

 

②阿部ゼミ3年生+附属高校2年文系オナークラス(担当:阿部教授) 

 中・高・大学生を対象とした株式学習コンテスト「日経STOCKリーグ」に参加するため、大学生の指導のもと、約半年間にわたり研究活動を行っています。 

 研究の集大成となる成果発表会では、高校生がそれぞれ発表内容や表現方法、スライドに工夫を凝らし、これまでの研究成果を発表しています。




作文指導

 附属高校にて、名和准教授による講義および本学学生による作文指導を行っています。本学学生が附属高校1年生の文系・理系オナークラスの生徒に対し、作文添削やアドバイスを行います。

 

大学見学

 附属高校1年生を対象に、大学の通常講義1コマの聴講と高校生向けの特別講義を実施しています。2017年度は地域政策学部の講義「地域づくり教育論」(担当:櫻井教授)と特別講義「ディベートについて」(担当:矢野教授)を行い、高校生が聴講しました。

 

ディベート指導

 矢野ゼミ生が高校に出向き、高校生を前にディベートを行います。また、1年生対抗のディベート大会では本学教員が審判および講評を行います。

 

進路講話 

 本学教員が附属高校生を対象に講話を行います。2017年度は下記を実施しました。 

・オナークラスの意義(大村准教授) 

・小論文との関連から「問いの重要性」(高松教授) 

・EUの難民危機(土谷准教授) 

・入学試験・就職試験受験のために(高松教授) 

・高校生のための心理学入門(木下教授) 

・オリエンタルランドの経営戦略について(井門准教授)

このページに関するお問い合わせ

知の拠点化推進室(図書館1階)
  担 当:  研究支援チーム
  電 話:  027-344-6244
  F A X :  027-343-7103
  メール:  kenkyushien@tcue.ac.jp