• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
地域政策研究センター(平成27年4月1日より地域科学研究所に統合再編されました。)
設立趣旨
 

 地方分権時代の到来により、それぞれの地域において自律的に産業、経済、生活、福祉、文化、環境などに関わる「地域づくり」を行い、自立できる地域に変えていくことが求められています。こうした地方分権の担い手として、新しい時代にふさわしい地方公務員の養成や「地域づくり」を担うNGO・NPO活動や市民など、新しいタイプの人材の育成が重要となっています。こうした時代の流れを受けて、21世紀の「地域づくり」を展望し、それを担う専門的知識を有した人材を育成すべく、平成8年4月に全国初の「地域政策学部」が高崎経済大学に開設されました。
 地域政策学部開設の理念を実現するには、学内での教育・研究にとどまらず、地域社会との一層の交流を深め、それを全学で支えていく必要があります。そこで、地域政策学部開設から2年後の平成10年7月1日に、「地域政策研究センター」が大学附属機関として設置されました。そのため地域政策研究センターでは、地域政策に関する諸課題につき学術的な研究を行い、あわせて大学設置母体の高崎市をはじめ、全国の地方自治の振興に実践的に寄与することを目的としています。また、平成12年4月1日に開設された大学院地域政策研究科に所属する大学院生の実践的な教育研究の場にもなっています。

活動内容

・地域政策に関する学術調査・研究・その成果の公表
・国・地方公共団体等からの受託調査・研究・その報告書の作成
・図書・資料の収集・整理
・研究会・講演会等の開催
・研修講座の開催
・その他目的達成に必要な事業

このページに関するお問い合わせ

地域科学研究所(研究棟1階)
  担 当:  研究支援チーム
  電 話:  027-344-6267
  F A X :  027-343-7103
  メール:  chiikikagaku@tcue.ac.jp