• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
大学紹介
TOP   >   大学紹介   >   大学概要   >   沿革  
沿革
 

高崎経済大学設立の淵源は、高崎市立短期大学に遡ります。
群馬県下にあった高等教育機関は、 戦後の学制改革時の1949年、新制群馬大学として統合・発足しました。 当時、高崎市は県下第一の商都にふさわしい経済学部の誘致を図ったものの、戦後の経済事情等から新設学部の設置は不可能でした。 そこで、独自に1952年高崎市立短期大学商経科を創設しました。 その後、経済発展等諸般の事情から、1957年に高崎市立短期大学を廃止し、4年制大学を設置することになり、高崎経済大学経済学部経済学科として、 1957年発足しました。

その後の 学部、学科、研究科の設定の流れは下記の通りです。

1957年 [昭和32年]  高崎経済大学 開学(経済学部経済学科)
1964年 [昭和39年]  経済学部経営学科設置
1996年 [平成 8年]  地域政策学部地域政策学科設置
2000年 [平成12年]  大学院地域政策研究科(修士課程)設置
2002年 [平成14年]  大学院地域政策研究科(博士後期課程)設置
2002年 [平成14年]  大学院経済・経営研究科(修士課程)設置
2003年 [平成15年]  地域政策学部地域づくり学科設置
2004年 [平成16年]  大学院経済・経営研究科(博士後期課程)設置
2006年 [平成18年]  地域政策学部観光政策学科設置
2011年 [平成23年]  公立大学法人高崎経済大学設立
このページに関するお問い合わせ

企画調整室 企画広報チーム(事務棟2階)
  電 話:  027-344-7584
  F A X :  027-343-4830
  メール:  kouhou@tcue.ac.jp