• 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 在学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・地域の方へ
  • 大学紹介
  • 学部
  • 大学院
  • 研究活動
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職情報
  • リンク
大学紹介
TOP   >   大学紹介   >   法人情報   >   理事長メッセージ  
理事長メッセージ
 
 
理事長写真

公立大学法人 高崎経済大学理事長 髙木 賢

 

 高崎経済大学は、「地域に根ざし、世界と交流する知の拠点」たることを目標としている大学です。

 

 地域社会との連携のもとにその発展に有為な人材を育成するという高崎経済大学の建学の精神は常に立脚すべき原点であるし、他方で、近年のグローバル経済の進展に対応し、世界に通用する人材の育成をしていくことは、今日極めて重要な課題になっていますので、「地域」と「世界」の両者を共に追求し、両者を結ぶ「知の拠点」であり続けることは極めて重要な課題と考えています。

 グローバル経済の進展のままにまかせて地域社会の振興が図られなければ、私たちは、生活の「場」の縮小を余儀なくされますし、一方、地域に閉じこもっているだけでは世界に伍していくことはできず、我が国の自立を図っていくことが難しくなります。大変困難な道ですが、両者が並び立つ社会構造をつくっていかなければなりません。

 高崎経済大学は、その先駆けとして努力してまいりたいと思います。

 平成29年4月1日には、経済学部に国際学科を設置します。国際学科は、単なる国際教養系のものとは異なり、国際関係諸学と経済学との融合を企図したもので、ユニークなものと考えています。また、英語力の強化を図るため、数年前から学生の短期海外研修制度により、毎年度200人程度を海外に送り出しています。会話力を強化するためのEnglish Caféも開いています。

 また、実学の延長として、市内に「まちなか教育活動センター」として「cafeあすなろ」を設置し、学生の経営実習の場、市民との交流の場、サークル活動の場などとして運営しています。

 さらに、現下の厳しい経済・雇用情勢を踏まえ、円滑な就職に向けたキャリア支援については、同窓会とも連携しながら更に充実させていきます。また、学生の自主的な課外活動についての支援策を講じていきますし、学生の精神面の問題に対するサポート体制も強化しています。

 

 公立大学法人には私企業のような完全な自由はありませんが、世の中の激しい変化と学生の動向を常に注視し、また、学内のコミュニケーションを盛んにして、時宜に適した対応策を機動的・弾力的にとっていく考えです。

 

 
理事長プロフィール


1967年東京大学法学部卒業後、農林省入省。農産園芸局長、大臣官房長、食糧庁長官を歴任し、2001年退官。2002年弁護士(第二東京弁護士会)。2011年4月より本学理事長。主著に、『女性農業者のためのQ & A』(監修、農山漁村女性・生活活動支援協会、2005年)、『農地制度 何が問題なのか』(単著、大成出版社、2008年)、『逐条解説 農地法』(共著、大成出版社、2011年)、『日本の蚕糸のものがたり』(単著、大成出版社、2014年)がある。農業法学会会員。

このページに関するお問い合わせ

企画調整室 企画広報チーム(事務棟2階)
  電 話:  027-344-7584
  F A X :  027-343-4830
  メール:  kouhou@tcue.ac.jp